2010年05月13日

受験に勝つ食習慣

 
欧州の貴族階級にとって、子供の教育は一族の死活問題であったことでしょう。
日本とは異なり、欧州の特権階級は国土に相当するような莫大な領地があり、領民の掌握とともに、この領土の経営を常に迫られていたからです。

愚鈍な子供では先祖から受け継いだ土地を守ることが困難です。

英才教育を施すのですが、1歳くらいからスタートして芸術を含む全ての学問において専門の教師が少なくとも10人はついたようです。

欧州を離れてアメリカに渡った貴族の例では、アメリカにおいてもそのような英才教育を施し、ハーバードの医学部に15歳で入学(飛び級)といったことはめずらしくもないといいます。

スイスなどで富裕層の教育期間がありますが、アメリカにもIQの優れたこども専門の学習機関が存在します。
 


共通点はおやつのとりかたでしょうか。
決まった時間帯におやつがあり、ケーキなどの甘いものを主体とした食べ物が供されます。

その狙いはエンドルフィンにあります。
甘い糖分(ここでは砂糖)は脳の快楽物質であるエンドルフィンを分泌させるので、学習による脳の疲労をすばやく回復させる効果が期待できるのです。

『糖類の摂取が糖尿病に結びつかない』というのがWHOの公式見解です。
(1997年WHO資料)

それどころか集中力を増すためにストレスを緩和させ精神安定の働きのあるセロトニンの脳内分泌を促すためにも糖類は必要です。

脳がリラックスすることで次の学習効率が格段にレベルアップするのです。
ポイントは、甘いおやつは時間を決めて食べ過ぎないようにすることでしょう。

もちろん、記憶力に関与する栄養素である『PSブレイン』を子供に与える富裕層も多く存在することが知られています。
 

 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 18:16 | TrackBack(0) | 受験に合格する食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。