2010年07月08日

脳の機能をUPさせる  血液・脳関門の仕組みを知ろう

ヒトの身体の中で、『脳』ほど多くのシステムに守られている部位はありません。
同じ栄養素を摂取しても『血液・脳関門』で不要と識別されてしまえば脳の中には入ることを許されません。

『血液・脳関門』ではじかれた栄養素は身体が吸収することになります。
脂溶性の栄養素(ビタミンA・D・E・Kなど)は脳に入りやすい栄養素です。
ところが、なかなか脳に入ることを許されない水溶性の栄養素の中にも、脳が必要とする栄養素はあります。

アミノ酸や糖などがそれに相当する栄養素ですが、そのままでは脳に入ることは許されません。

水溶性の栄養素などが脳の中に入っていくためには、『輸送体』という乗り物に乗る必要があるのです。
この時、輸送体があるからといって摂取する栄養素のバランスを崩してしまうと脳の機能は著しく低下することがわかっています。

輸送体には限界があって、定められた枠内の仕事しかしないからです。
 


英国の研究機関がDHAやEPAが脳の働きを良くすると発表したのは20世紀末のことでした。

21世紀に入って、同じく英国の研究機関がDHAやEPAには脳の働きを良くする効果は無いと訂正しています。

DHAやEPAを摂りすぎると、もっと脳にとって大切な栄養素(アナンダミド anandamide)が合成されなくなくなるためです。

アラキドン酸は脳内でアナンダミド (anandamide) に合成されます。
やる気や元気、物事に対する意欲を左右する大切な物質です。
DHAやEPAを摂りすぎるとこの合成を阻害してしまうことがあきらかになっています。

体内では、ホスファチジルコリンのsn-1位に存在するアラキドン酸がホスファチジルエタノールアミンのアミノ基に転移されます。
そうすることでN-アラキドノイルホスファチジルエタノールアミンが作られて『アナンダミド』が合成されることがわかっています。

アナンダミドは中枢神経系においては、記憶、睡眠、鎮痛、摂食の調節、動機・快感などに関与して心理や行動面に多大な影響力を持っています。

脳の機能をUPする唯一のサプリメント『PSブレイン』には上記の働きがあります。
記憶力などの脳の機能をUPさせる力があるのです。

暑い夏ですが、心は冷静に、『来るべき難関』に備えて着々と準備を整えていきたいものです。

そのためには『PSブレイン』は頼もしい存在であることは間違いありません。
人生の難関を悠々と乗り越えていきましょう。
 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 16:22 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。