2010年07月21日

学習効果を上げる   報酬型勉強法

アルベルト・アインシュタインやニールス・ボーア博士のように、宇宙の謎を解き明かすような天才的な頭脳は、100年に一人でるかどうかといわれています。

ハーバードやケンブリッジに入るのは、ほとんどと言っていいくらい、そのような特殊な人たちではありません。

知能指数の統計では、数値的にはごく普通の範囲内の人たち、つまり言い換えればごく普通の人の知能レベルの人たちであることがわかっています。

日本の東大でも、上位の成績で入学してきた才気渙発といった学生が学習の結果を出すかというと必ずしもそうでもありません。

下位の成績で入学してきた人が、地道な努力を厭わずに、優秀な研究成果を出すことも少なくないといいます。

中には特殊な頭脳の人もいるでしょうが、それは本当にごく稀なケースで、成績が良いといっても、ほとんど変わらない知能レベルのゾーン内ということがわかっています。
 


ただし、結果を出す人たちにはひとつの共通点があるようです。
それは、自分なりの学習方法を持っているということです。

音読による記憶が得意なら、それを生かすような学習方法を取り入れる。
書いて覚えるのが得意なら、その方法を磨く。
このやり方だったら負けないという、勝つためのパターンを持っているということです。

朝、早く起きて勉強したほうが集中力が増すタイプなら、その生活パターンを貫き通すほうが、断然有利です。

一度で覚えられないから、いろいろな工夫を試みるのです。
そこで様々な工夫をするから成績が上がっていくのです。

たった一度で覚えられる人は、そういう努力をしません。
ずば抜けて頭がいい人は、短い期間では勝てたとしても、人生という長いスパンでは負けてしまう人が出てくるのです。
その証拠に、現実社会では少しくらいの挫折で崩壊してしまうエリートは、ざらにいます。

逆に、ほんの些細な事でも、この方法なら負けないということがわかれば、繰り返してそれを磨き、さらに繰り返すことで次第に大きな勝利を積み重ねていけば、それは凄い自信につながりますから、学習効果はどんどん上がり続け、いつの間にか、想像もできない高みに到達していることになります。

これを学習することでドーパミンが出る報酬型の勉強法と呼んでいます。

食事や睡眠の方法、あるいは、自重トレーニング(腹筋や腕立てなど)やウォーキングなどでも、学習効果が上がる自分なりのやり方を工夫することが可能です。
自分流のこだわりの手法を編み出すといった感覚です。

たとえば、軽いウォーキングが脳のシナプスを生むことがわかっています。
気分転換の運動なども、生活のどの部分に組み込めばいいかを自分なりに考えていろいろ工夫をして見ることです。

そうしたコツコツとした努力は、やがて報酬型の頭脳を育てることにつながるといわれています。
忍耐や努力は、成功という報酬があるからこそ持続していきます。
自分の得意な方法を見つけたなら、周囲は徹底的に褒めてあげる、そしてそれを押し通してさらに磨きぬくことが重要なポイントです。

記憶力を高める唯一のサプリメント、『PSブレイン』は重大な局面であればあるほど役に立つ頼もしい存在です。

大切な受験に『PSブレイン』をぜひお役立てください。

 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 20:09 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。