2010年07月28日

報酬応答行動をする天才脳を育もう

DNA(二重螺旋構造)の発見者であり、物理学から生物学に転向して多大な業績を残したイギリスの生物学者フランシス・ハリー・コンプトン・クリック(Francis Harry Compton Crick)は、記憶の仕組みについて言及しています。

それは、短期記憶が固定化という過程を経て、長期記憶に変わっていくために《睡眠》が大きな役割を果たしているというものです。

クリックの提唱(予言?)した記憶と睡眠についての研究は続いています。
この分野は、まだ解明されていない事柄が多く、多くの研究者が睡眠が記憶にどのような役割を果たしているかに取り組んでいるのです。
 


記憶に関わる要素としてよく取り上げられるのがシナプスという神経細胞です。

NMDA型受容体の機能が記憶の長期増強に関わっていることが明らかになってきました。

意欲的に学習したり、常人の域を遥かに超える研究に没頭する場合は、中脳の腹側被蓋野から大脳の側座核に投射しているドーパミン神経から放出されるドーパミンが放出されて、このような報酬応答行動を支えていることが明らかにされてきました。

意欲が湧いたり、研究そのものが楽しくて仕方がないといった境地は、報酬応答行動であったわけです。

身近なところでは、小さな成功を目聡く発見して褒めてあげてください。

あるいは、司法試験や公認会計士試験などを目指しておられて、たったひとりである場合は、自分で自分を褒めることが大事です。

些細なことでも自分へのご褒美が、報酬脳を育てることになります。
学習そのものが楽しくなっていく過程が重要であって、天才の脳はそういうふうにして育っていくものだからです。

もちろん、頭を良くする唯一のサプリメント《PSブレイン》も、脳にとっての最高のご褒美になるはずです。

 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 19:36 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。