2010年08月26日

記憶を高める栄養素『PSブレイン』

現在、ハーバード大学に在学している日本人は非常に少なく、ほんの数人に過ぎません。

ハーバード側では優秀な日本の学生が入学することを望んでいると言われています。

アジアの小さな島国である『日本』という国に対して少なからぬ興味があり、逆に学生を通じて『日本人の思考形態を見る機会』と捉えている節も窺えます。

大学の基金そのものも、日本の大学とは比較にならないほど膨大ですし、両親の年収に応じて大幅な学費の免除もあり、そういう意味では世界一の大学ともいわれるハーバードへの門戸は、現在、日本人に大きく開かれていると考えられます。

英国における日本人研究では、DHAやEPAが脳を良くする栄養素であると20世紀後半に結論づけましたが、その後の研究で、つい最近(2010年)になってその結論を撤回しています。

21世紀になって記憶を強化する全く新しい栄養素『PS』の存在がクローズアップされてきました。

摂取する栄養素で記憶力が左右されることが明らかになり、現在では、欧米でIQの高い児童に積極的に『PS』を摂取させる傾向が見られます。

大豆が主原料ですから副作用の心配が無く安心して小さいこどもにも与えられるためです。
 


『PSブレイン』を摂取すると、学習や記憶に大きく関与して多大な影響力を有する神経伝達物質が脳内に増加していきます。
この神経伝達物質が増えると記憶力が良くなることがわかっているのです。

『PS』は記憶力を高める唯一の栄養素として君臨しているといっても過言ではありません。

睡眠中にこそ記憶が定着することも多くの研究者によってわかってきていますから、『理想的な睡眠の習慣』を確立することも重要なポイントです。

21世紀に入って10年、これからもわくわくするような研究成果が期待されています。
 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 20:07 | TrackBack(0) | IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

脳の能力をUPさせるには

人間の脳は約150億個の神経細胞によって形成されています。
その仕組みについては、ごく最近までわからないことだらけでした。

物事を否定的に考えたり、悪意にとってしまうことも、脳の能力をUPさせるのを大きく阻害する原因であることがわかってきました。

ゴールについても長いスパンで捉えることが、脳の力を発揮させる要因になり得るといわれています。

たとえば、司法試験を目指している場合は、司法試験の合格がゴールではなく、その先の法曹界での自己実現に想いを馳せることがポイントになります。

この行為は心を働かせる行為です。
心が働けば、頭脳は良くなることが明らかになってきたのです。
 


日常生活では、鏡に向かって笑い顔を作り、その状態で30分も経過すればドーパミンが分泌されることもわかってきました。

1日が愉快になり、やる気が出てくるという研究がいま注目を浴びています。
まさに『笑う門には福来る』とは蓋し名言であったわけです。

親が子供と良い関係を築いて、お互いを信頼できた時、お互いの笑顔や笑い声によって脳内物質であるドーパミンの分泌量が増加することもわかってきました。

ひとりきりで勉強に励んでおられる方は、自分自身を信じて、そうして些細な事でもいいですから、自分の成功に対して自分自身を褒めてください。

2010年現在も脳の全ての解明には、依然として程遠いところに止まっているわけですが、それでも大きな枠組みは優れた研究者によって明らかにされつつあります。

ほんの10数年前までは、摂取する栄養素によって脳が育まれていくことさえもあまりわかっていなかったのです。

まして記憶に関与する栄養素が存在するなどとは夢にも思わなかったというのが本当のところでしょう。

頭を良くする唯一の栄養素『PSブレイン』
ここぞというところで役立つ頼もしい存在です。
 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 20:42 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ピグマリオン効果が示す報酬応答行動の正当性

ローゼンタールが行った実験では、ヒトは期待されることで、学習成果が上がると言われています。

これをピグマリオン効果といいます。
西暦1964年、教育心理学者のロバート・ローゼンタールは、『期待』とそれに伴う『心理的作用』が学習に及ぼす効果の実験を行いました。

ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話の王の名前です。
古代ローマのオウィディウス『変身物語』の第10巻に登場します。

ピグマリオン王の恋心が彫像を人間に変えていくお話ですが、王が恋焦がれた女性の彫像が、美の女神アフロディテの力で、彫像が人間になったと言う伝説に由来しています。

まず簡単なテストを行い、その成績には関係なく任意に生徒を選びます。
そして、その名前を壁に貼り出して、『この生徒たちはこれから成績が上がる』と宣言します。
こうして『期待された』生徒たちは、例外なく成績が上がったという実験です。
 


いまの大脳生理学における解釈では、ローゼンタールの行った実験の『期待』が報酬であり、再び、その報酬を受け取りたい(期待を裏切らない)という思いが、ドーパミンの分泌につながったと考えられます。

《意欲的に学習したり、常人の域を遥かに超える研究に没頭する場合は、中脳の腹側被蓋野から大脳の側座核に投射しているドーパミン神経から放出されるドーパミンが放出されて、このような報酬応答行動を支えていることが明らかにされてきました。》前回のブログから・・・

つまり、過度の期待で押しつぶすのではなく、目の前の小さな事柄を褒めていく(期待する)行為が、夢を現実にする力になることを、ローゼンタールの実験では示しています。

こどもにとって、初めて体験する学習は、ともすれば失敗の連続であるかも知れません。
しかし、試行錯誤を重ねることによって次第に効率が上がっていきます。

失敗も含めて、その過程を正しく褒めることが、報酬応答行動に直結していくと考えられています。

脳の回路が効率よく働くようになりますから、疲労さえも感じなくなって思考速度が倍増します。

脳の処理速度が速くなることは、計算などをすることで体感できるでしょう。
脳の能力をUPする唯一のサプリメント『PSブレイン』も、夢を現実にする大きな力を有しています。

暑い夏ですが、いまこそ力を振り絞って、目の前の大きな壁を乗り越えていきたいものです。
美の神アフロディテのみならず、勝利の女神も微笑むような歴史を作っていきましょう。

 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 15:54 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1