2010年10月21日

脳の機能を高めるために

ヒトの身体は60兆個もの細胞で構成されています。
身体は20歳を過ぎると次第に衰えていきますが、脳はその機能をUPさせることがわかっています。

60歳頃が脳の成長のピークと主張する研究者もいます。
経験や体験を重ねることで前頭野は発達して年齢を重ねるごとに脳の成長を支えていきます。

【身体】と【脳】は成長の姿そのものが全く異なることがわかってきました。
では、こんなにも相違点のある【脳】と【身体】は同じ栄養素で良いのでしょうか。
 


もちろん答えはNOです。
ヒトの身体を構成しているのはタンパク質です。
タンパク質同化を繰り返しながら、成長したり命を永らえたりするのです。

ところが、身体に必要なタンパク質と脳に必要なタンパク質は同じではありません。

身体を作る上で必要なアミノ酸はバリン・ロイシン・イソロイシンです。
一方、脳に必要なアミノ酸はトリプトファン・チロシン・ヒスチジン・メチオニンです。

身体に運ばれていく栄養素は輸送体という乗り物に乗って必要な部位に運ばれていきます。

しかし、身体に入ってくるアミノ酸の種類は20種類であるのに対して、アミノ酸の輸送体は10数種類しかありません。

脳に必要なトリプトファン・チロシン・ヒスチジンは脳・脊髄関門を通過して脳に入っていきます。
これ以外の入り口はありません。

つまり、バリン・ロイシン・イソロイシンを過剰摂取した場合には脳に必要なトリプトファン・チロシン・ヒスチジンは脳に入れません。
アミノ酸の輸送体の数が足りないため競合現象が起きるからです。

受験勉強に並行して筋肉をつけるために筋肉強化用のアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)のサプリメントを摂っている人は、受験を終えるまで控えたほうが脳の機能を高めるためには良いでしょう。

受験まであと一息です。
脳の機能をUPさせる唯一のサプリメント【PSブレイン】で、最後の仕上げを完璧にしていきましょう。

 
 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 15:03 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。