2011年10月27日

脳の進化と発達に関与する栄養素

現在、地球を制覇している生物は、人類です。

人類よりも力の強い動物は少なくありませんが、驚異的な脳の進化は人類を地球上に生息する生物の頂点に押し上げました。

進化の先端をいくのは、激変し続ける環境に、自らを巧みに対応させたものだけです。

ヒトの社会の中でも、脳の能力が優れた人ほど成功する確率が高くなります。

周囲の環境に順応する能力とは、『脳』の柔軟性のことです。

脳の柔軟性というと、少し想像もつきませんが、具体的にどの部分が柔らかくなると頭脳が良く働くのでしょうか。

その答えは情報伝達機能を司る神経細胞の細胞膜にありました。

 
イメージ 1

では、神経細胞の細胞膜には、一体、何があるのでしょうか。

その正体は、『神経伝達物質の受容体』です。

一般的に、学習する上で重要なのは【記憶力】です。
記憶力が悪ければ思うように学習の効率を上げることができません。

【神経細胞の細胞膜】が硬くなってしまっていると、この中に埋まっている受容体が顔を出せない状態になります。

細胞膜が硬くなると受容体は動くことができないのですから、せっかくの学習による記憶も定着しないという訳です。

受容体が働くには、神経細胞の細胞膜を柔らかくする必要があります。

その鍵を握っているのが生物的代謝機能を有する唯一の栄養素である『PS』です。

もちろん、脳にとってのガソリンは『糖』ですからご飯や果物など甘いものがエネルギーになります。

ガス欠では車は動きません。

問題は、やみくもに、ただ動きさえすれば良いというのではなく、いかに効率よく短時間で記憶を定着させ、目標である難関を突破するかということです。

その道程は、単調な日々の積み重ねであるかも知れません。
しかし、その積み重ねが、やがて想像もできないくらい大きな『栄冠』をもたらします。

努力の積み重ねは重要なポイントです。
しかし、脳の柔軟性が欠如していれば、どのように努力すればよいかといった初歩的な問題点にさえ躓きます。

脳のCPUをUPする高機能サプリメント【PSブレイン】で、脳の柔軟性を高めることは、努力の積み重ねによる栄冠を引き寄せることに直結します。

それは、努力の軌跡を最短距離で栄冠に結び付ける具体的な作業に他なりません。

ここにきて、初めて『継続は力なり』という俚言が意味を成すのです。

受験という環境に柔軟に対応するには、神経細胞の細胞膜を柔軟にして、記憶に関与する受容体を働かせることです。

数知れない多くの苦労が報われるためにも、高機能サプリメント『PSブレイン』を、ぜひお役立てください。

 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 18:13 | TrackBack(0) | IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

脳の進化は止まらない 変化する知能指数(IQ)

合格した人は知っている【受験に勝つ秘訣 PSブレイン】



ネイチャー (Nature) は、世界で最も権威のある総合学術雑誌のひとつとして有名です。

いまから140年も前の1869年11月4日に、英国の天文学者ノーマン・ロッキャーによって創刊されています。

そのNatureの2011年10月20日付けに、興味深い論文が掲載されています。
それによると、

【知能指数(IQ)は思春期のころにかなり変化し、対応して脳の構造も変化することがロンドン大学の研究でわかった。

IQは一生であまり変化しないと考えられている。
論文では、協力してくれた男女33人が12〜16歳のときに受けたIQテストの結果と4年後に受けた結果をチームが比較したら、4年間で20ポイントも上昇した人がいた一方、同じぐらい下がった人もいた。

磁気共鳴画像撮影装置(MRI)で脳の構造を見たところ、言語や算数、一般教養などを測る言語性IQが上がった人は、話をする時に活性化される左脳の一部の神経細胞の密度が高まっていた。

また、ジグソーパズルを解いたりする能力を測る非言語性IQは、手を動かしたときに働く小脳の一部の神経細胞の密度が高まっていた】

というものです。
イメージ 1


脳のCPUをUPする唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】は、毎年、多くのご紹介を賜っています。

大学受験・公認会計士試験・司法試験など、難関を乗り越えた方たちからのご紹介が絶えません。

深まる秋とともに、【PSブレイン】をご愛顧くださる方が増えています。

より良い方向にIQを変化させる栄養素、【PSブレイン】をぜひ、お試しください。



 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 15:47 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

記憶の痕跡 受験に勝つ仕組み

記憶には【追憶】という特徴があります。
レミニセンス現象です。

レミニセンス現象というのは、学習により記憶した情報は、記憶した直後よりも、ある一定時間を経過してからのほうが、効率よく【記憶】を想い出すことができる現象を表します。

レミニセンスは、ワード・ホブランド効果とバラード・ウィリアムズ効果に分けられますが、どちらも、長短の区別はありますが、時間の経過による記憶の痕跡を示しています。

学習後、時間の経過に比例するように【忘却】により成績は下降していきます。
このエビングハウスの忘却曲線は、時間の経過とともに記憶が薄れていくことを示しています。

ところが、ある程度の時間が経過(睡眠をはさむ)すると、多くの情報が脳内で整理されて、むしろ学習直後よりも記憶が鮮明になります。

これをレミニセンス(追憶)といいます。
 
イメージ 1


運動記憶も同様です。
例えば、テニスを試験勉強などで休んだ場合、再開すると前よりも上達していることがあります。

これもレミニセンス現象といわれています。
記憶が大脳に記憶痕跡として刻み込まれるのに、ある程度の時間を必要とするからであると理解されています。

脳は起きて活動している時よりも、睡眠中のほうがより活発に活動をしていることが明らかになっています。

記憶力などの脳のパワーを最大限に発揮するためには、良質な睡眠が不可欠なのです。

またレミ二センス(記憶痕跡)は、化学反応を伴うこともわかってきました。

記憶に関わる神経細胞の形成に役立つ栄養素【PS】の摂取も重要なポイントです。

【PSブレイン】は、睡眠時間との相乗効果が期待できる唯一の高機能サプリメントです。

脳のCPUを増大させる唯一のサプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お試しください。
 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:10 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1