2011年10月14日

記憶の痕跡 受験に勝つ仕組み

記憶には【追憶】という特徴があります。
レミニセンス現象です。

レミニセンス現象というのは、学習により記憶した情報は、記憶した直後よりも、ある一定時間を経過してからのほうが、効率よく【記憶】を想い出すことができる現象を表します。

レミニセンスは、ワード・ホブランド効果とバラード・ウィリアムズ効果に分けられますが、どちらも、長短の区別はありますが、時間の経過による記憶の痕跡を示しています。

学習後、時間の経過に比例するように【忘却】により成績は下降していきます。
このエビングハウスの忘却曲線は、時間の経過とともに記憶が薄れていくことを示しています。

ところが、ある程度の時間が経過(睡眠をはさむ)すると、多くの情報が脳内で整理されて、むしろ学習直後よりも記憶が鮮明になります。

これをレミニセンス(追憶)といいます。
 
イメージ 1


運動記憶も同様です。
例えば、テニスを試験勉強などで休んだ場合、再開すると前よりも上達していることがあります。

これもレミニセンス現象といわれています。
記憶が大脳に記憶痕跡として刻み込まれるのに、ある程度の時間を必要とするからであると理解されています。

脳は起きて活動している時よりも、睡眠中のほうがより活発に活動をしていることが明らかになっています。

記憶力などの脳のパワーを最大限に発揮するためには、良質な睡眠が不可欠なのです。

またレミ二センス(記憶痕跡)は、化学反応を伴うこともわかってきました。

記憶に関わる神経細胞の形成に役立つ栄養素【PS】の摂取も重要なポイントです。

【PSブレイン】は、睡眠時間との相乗効果が期待できる唯一の高機能サプリメントです。

脳のCPUを増大させる唯一のサプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お試しください。
 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 17:10 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。