2011年11月25日

脳の進化は止まらないV 変化する知能指数(IQ)

合格した人は知っている【受験に勝つ秘訣 PSブレイン】


赤ワインや玉ねぎの皮、ピーナッツの渋皮に豊富に含有される【レスベラトロール】には、ヒトの長寿遺伝子を活性化させる働きがあることがわかっています。

レスベラトロールというのは、ポリフェノールの一種です。

2011年11月、ピーナツの渋皮にアルツハイマー病の進行抑制が期待されるポリフェノール成分が豊富に含まれていることが、古川昭栄・岐阜薬科大学教授(神経科学)を中心とする研究グループによって明らかにされました。

それによると、

『脳内に神経細胞の機能低下を引き起こすアミロイドベータたんぱく質が蓄積されると、アルツハイマー病や認知症を発症率が上昇します。研究チームは、【神経栄養因子】が低下するとともに記憶力が衰えることに注目。
【神経栄養因子】の機能を高める効果のある植物成分を探したところ、ピーナツの渋皮に含まれるポリフェノールに神経栄養因子と類似の働きがあることを確認した』

というものです。

古川教授の研究チームは、
『何故、ピーナツの渋皮のポリフェノールに、神経栄養因子とよく似た働きがあるのかは分かっていない』
と述べています。
 
イメージ 1


また、幼児から成長期を通しては、たまご料理を多く食べることが脳の発育に良いことがわかっています。

アミノ酸      全卵 卵黄 卵白(100g)
イソロイシン   340 330 350
ロイシン    550 540 560
リジン     450 470 430
メチオニン      210 160 250
シスチン       160 130 200
フェニルアラニン    320 260 380
チロシン     260 260 250
スレオニン     290 300 280
トリプトファン      94 90  98
バリン      420 380 460
ヒスチジン     160 160 160
アルギニン     400 440 370
アラニン     360 320 390
アスパラギン酸   640 590 670
グルタミン酸   800 730 850
グリシン     210 190 230
プロリン      240 250 230
セリン      430 450 410
 
特に、アスパラギン酸には、脳内のグルタミン増加作用が知られています。

アスパラギン酸が、神経細胞に及ぼす情報伝達にかかわる仕組みは、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止めて、米科学アカデミー紀要電子版に発表しています。

このように、記憶・学習の仕組み解明につながりそうな【神経栄養因子】の研究は、世界中で続いています。

特に、【PS】に関する研究は、最も熱い分野です。

【PS】は、脳のCPUをグレードアップする唯一の栄養素だからです。

サプリメントでしか摂取することができない貴重な栄養素【PS】
誰もが持っている脳内の神経細胞に積極的に関与する栄養素【PS】

この栄養素を、最も効率よく摂取するためには、高機能サプリメント【PSブレイン】をお薦めします。

 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 13:42 | TrackBack(0) | 受験に合格する食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

脳の進化を止めないための知恵と工夫

合格した人は知っている【受験に勝つ秘訣 PSブレイン】


年齢によって必要な栄養素は変化します。

若い人の体内には、ヒトが本来、持っている【脳由来神経栄養因子】の量が多くありますが、それも期間限定で、やがて加齢と共に、減少していくからです。


BDNFは、 Brain-derived neurotrophic factorの頭文字からとっていますが、その働きは、

@ 脳由来の神経栄養因子として、標的細胞表面上にある特異的受容体TrkBに結合。

A 神経細胞の生存・成長・シナプスの機能亢進。

B 脳細胞の増加に不可欠な神経系の液性蛋白質で、神経細胞の成長を調節する。

つまり、【脳由来神経栄養因子】は、死にかけている神経線維を復活させる働きがあるため、脳細胞の死滅に歯止めをかけることができます。

栄養因子という名前がついていますが、BDNFは、ホルモンのような働きをします。

BDNFは50歳未満の若い人の体内には豊富にありますが、50歳を過ぎた当たりから急激に減少していきます。

もちろん、食べ物から比較的容易に摂取することが可能です。

羊の肉の中に多く含有されているからです。

それは、記憶と思考を司る脳の部位に存在する神経物質と深い関わりがあります。
この神経物質とは【アセチルコリン】のことですが、羊の肉に多く含有するカルニチンがあれば、アセチルコリンの合成が可能になるからです。

さらに、一歩、踏み込んで、脳の神経細胞の増加に強い働きをする栄養素があります。
 
イメージ 1


それは、脳のCPUをUPする唯一の栄養素である【PS】です。

【PS】は、年齢に関わりなく高機能サプリメントによって摂取する以外に方法はありません。
カルニチンのように自然界から容易に摂取できるような栄養素ではなく、特殊な栄養素だからです。

【PS】は、特に、大切な成長期にあっては、【脳の進化】に多大な恩恵をもたらす栄養素として注目されています。

高機能サプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お試しください。

 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:00 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

脳の進化は止まらないU 変化する知能指数(IQ)

合格した人は知っている【受験に勝つ秘訣 PSブレイン】

21世紀になって、摂取する栄養素や、食事の仕方で、知能指数は大きく変化することがわかってきました。

食事の仕方では、よく噛んで食事をすることで、PAROTIN(パロチン)という成長ホルモンが唾液中に放出されます。

しかも、この唾液に分泌された成長ホルモンは、多様な働きをします。

@ 弾力繊維の発育促進
A 結合組織の発育促進
B 細網内皮系の賦活化
C 血清カルシウムの低下作用

などが知られていて、既に

a, 白内障の進行防止
b, 初期老人性白内障
c, 進行性指掌角皮症

などの薬として活躍しています。
イメージ 1

食べ物をよく咀嚼することは、脳細胞の発育促進にも多大な影響を与えていることも明らかになっています。

実際、自分の歯で良く噛んで食べているご高齢の方は、認知症やアルツハイマー病の罹病者が極端に少ないことがわかっているのです。

よく噛むことで、誰でも唾液中にPAROTIN(パロチン)が分泌されるのですから、咀嚼する習慣をつけることもIQを高めることになります。

ある特定の【栄養素】もまた、脳の活性化に大きく関与しています。

それは、自然界では十分な必要量を摂取することが不可能な栄養素である【PS】です。
原料は大豆ですから、副作用もありません。
問題は、気が遠くなるような量の大豆を食べなければ、必要料が摂取できない栄養素であるということです。
必要量を効率よく摂るためには、高度な技術で栄養素を抽出する以外に方法はありません。

IQを変化させることは、自身の運命をも変化させることに直結しています。

より良い方向にIQを変化させる栄養素、高機能サプリメント【PSブレイン】をぜひ、お試しください。



 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:41 | TrackBack(0) | IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1