2012年01月26日

記憶力をUPして受験に勝利しよう

【PS】の持つ可能性を証明する研究成果として、新しく発見された、記憶力を増大させる働きを持つ【酵素】の存在に、注目が集まっています。
 
一部の【酵素】には、眠ったまま、生涯にわたって発動することのない【優れた遺伝子】を覚醒させる、遺伝子活性因子としての働きがあります。

ヒトの脳の神経細胞である【シナプス】では、互いに結合しながら神経回路を形成している神経細胞【シナプス】が、神経活動の活性化による興奮で、グルタミン酸を放出することがわかっています。

興奮によって放出されたこのグルタミン酸は、脳の【興奮性神経伝達物質】そのものなのです。

その働きは、次の神経細胞に存在するタンパク質であるグルタミン酸受容体に結合することで、神経細胞の興奮を伝達していくのです。

例えば、【学習】を繰り返すことで脳の【グルタミン酸受容体】は、その数を増やしていくことがわかっていますが、この現象は、脳の記憶に大きく関わっている可能性が指摘されています。

記憶や学習の成否は、【神経伝達効率】という分子レベルの変化に変換されることによって、神経細胞であるシナプスに貯えられることで決定されていきます。

 
イメージ 1


生体のエンドサイトーシス (Endocytosis)という機構には、細胞が細胞外の物質を取り込む仕組みがあります。

生体細胞に必要な物質のうち、極性を持つ大きな分子は、疎水性物質の細胞膜を通過できないため、取り込むための仕組みとして【エンドサイトーシス】という機構によって細胞内に輸送されていきます。

このエンドサイトーシスが滞ることなく進んでいくためには、NMDA型のグルタミン酸受容体であるNMDA受容体の活性化が必要不可欠です。

NMDA受容体自体は情報伝達にはほとんど関与しません。

ところが、神経活動が亢進することで、NMDA受容体が活性化し、細胞内にカルシウムを流入させることにより、脳の【シナプス可塑性】を司っていると推測されています。

生体内での神経活動が活性化した場合、クラスリン依存性エンドサイトーシスがどのように引き起こされるのか、その仕組みは、現在も具体的な解明はなされていません。

知能をUPさせる仕組みは、多くの研究者の注目事項であり、現在も、PS(ホスファチジルセリン)に関わる研究は、最も光が当たっている分野です。

もちろん、 記憶形成において重要な役割を果たす【脳の海馬】に着目した研究においても、大脳の細胞膜上での重要物質であるリン脂質であるホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸(PIP2)が存在することにより、PIP2を合成する酵素【ホスファチジルイノシトール4-リン酸5-キナーゼ(PIP5K)】の働きとして、LTD誘導時の活性化が起こる可能性が指摘されているからです。

演繹的な研究成果は、必ず帰納的な果実を伴って目標にたどり着きます。

ホスファチジルイノシトール4ーリン酸キナーゼ【PIP5K】は、記憶力を増大させる働きを持つ酵素です。
この酵素の働きが、脳の奥深くに潜む能力を目覚めさせるのです。
 
PSブレインは、脳のCPUをUPさせるために働く高機能サプリメントです。

人生の命運を左右する、ありとあらゆる受験に、記憶力を増大させる唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をお勧めいたします。


(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 15:07 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

脳の謎 眠れる遺伝子を呼び覚まそう  その2

勝つ人は知っている 受験を制覇する高機能サプリメント【PSブレイン】

受験シーズンも佳境を迎えて、まさに乾坤一擲

It was all-or-nothing, and we struck out spectacularly.
       (勝者が全てを得る)

ということになります。

つまり、どれだけ努力をしたかというプロセスは、【受験】に勝利するという果実を伴わなければ、意味がありません。

勝つためにはいくつかの方法があります。
その中でも、脳の能力そのものをUPさせることに注目が集まっています。

脳の潜在能力については、ヒトの想像を大きく超えるポテンシャルの存在が指摘されています。
 
イメージ 1


ボールドウィン効果(英: Baldwin effect)という理論があります。
ジェームズ・マーク・ボールドウィンが提唱した進化論で、『学習能力が高くなる方向に進化の選択が進む』という考え方です。

この進化論では、

a, 新たなスキルを学習する能力が高くなる傾向があり、遺伝的に符号化された固定的な能力に制限されない傾向が強まる。

b, 種やグループの持続的な振る舞いが、その種の進化を形成するという点を重視する。

具体的には、乳糖への耐性がある人間が増えたこともボールドウィン効果の一例とされています。

酪農が主体の社会にあって、乳糖に耐性のある遺伝形質が有利であり、酪農社会の発展に寄与する遺伝子型が必然的に増大したと考えられています。

学習結果が本能に組み込まれる機構の科学的根拠が模索されています。

日本でも、何千年と続く大豆との付き合いで、大豆を消化する酵素を多く持つようになっています。

もちろん、西欧でも豆を頻繁に食べますが、大豆そのものが無かったため、大豆に対する消化酵素を、ほんの少ししか持っていないのです。

しかも、脳のCPUをUPする唯一の栄養素である【PS】の原材料は大豆です。

ですから、日本人の中から、非常に優れた頭脳の輩出を期待する研究者もいます。

現在、西欧の人々は、大豆の美味しさに驚嘆し、ビールのつまみに枝豆を食べるのが流行しています。

単純に大豆が美味しいからですが、豆腐や枝豆が常食される日もそんなに遠くではないでしょう。
 
脳に取り込まれていく栄養素の中で、細胞に必要なものは速やかに消化吸収されていきます。
 
生体のエンドサイトーシス (Endocytosis)という機構には、細胞が細胞外の物質を取り込む仕組みがあります。
 
生体細胞に必要な物質のうち、極性を持つ大きな分子は、疎水性物質の細胞膜を通過できないため、取り込むための仕組みとしてエンドサイトーシスという機構によって細胞内に輸送されていきます。
 
このエンドサイトーシスは、NMDA型のグルタミン酸受容体であるNMDA受容体の活性化が必要不可欠です。
 
NMDA受容体自体は情報伝達にはほとんど関与しません。
 
ところが、神経活動が亢進することで、NMDA受容体が活性化し、細胞内にカルシウムを流入させることにより、脳のシナプス可塑性を司っていると推測されています。

生体内での神経活動が活性化した場合、クラスリン依存性エンドサイトーシスがどのように引き起こされるのかは、現在も具体的な解明はなされていません。
 
知能をUPさせる仕組みは、多くの研究者の注目事項です。
現在も、PSに関わる研究は、最も光が当たっている分野です。
 
もちろん、 記憶形成において重要な役割を果たす脳の海馬に着目した研究においても、大脳の細胞膜上での重要物質であるリン脂質であるホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸(PIP2)が存在することにより、PIP2を合成する酵素【ホスファチジルイノシトール4-リン酸5-キナーゼ(PIP5K)】の働きとして、LTD誘導時の活性化が起こる可能性が指摘されているからです。
演繹的な研究成果は、必ず帰納的な果実を伴って目標にたどり着きます。

知能指数の高い人ほど、PSを欲しがる理由も、ボールドウィン効果(英: Baldwin effect)と言えるのではないでしょうか。
 
事実、アメリカやスイスなどに存在する高いIQの子供たち専用の教育機関では、『PS』が常に人気のあるサプリメントの最上位に君臨しているからです。
 
脳のCPUをアップさせる唯一の高機能サプリメント『PSブレイン』をぜひお試しください。

(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:27 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

脳の謎 眠れる遺伝子を呼び覚まそう

突出したIQの人々は、偶然に現れるのではなく、代々続く家系を遡ることで散見されることがあり、これは頭脳の優劣も遺伝によるところが多いことを示唆しています。

では、優れた頭脳を輩出できなかった家系では、諦める他に道は無いのでしょうか。
 
最新の科学は、それを明確に否定しています。
少し前までは、遺伝子というものは予め決められた設計図であり、最早、変更できないものといった考え方がありました。

遺伝だから仕方がないというあきらめが、多くの人に蔓延していました。

ところが、そういった遺伝だから仕方がないという消極的な考え方そのものは、ヒトの染色体(特に第10染色体)が確認されていなかった時代の、遠い過去の話になりつつあります。

21世紀に入ってまもなく、寿命遺伝子でさえ書き換えが可能なことが確認されると、DNAの持つ新たな可能性が開かれてきたのです。
イメージ 1

あたかも最初に書かれた台本を修正するような新しいDNAの捉え方を、エピジェネティクス【epigenetics】といいます。

つまり、【DNA配列の変化】を伴わないで、【後天的な作用がDNAに働きかけて、遺伝子の形質変異が生じる機構】が発見されたことは、DNAの考え方そのものを根本的に見直す大きな進歩です。

21世紀に入って、ヒトゲノムの解読が完了し、また【形質発現の調節機構】の研究や新たなDNAに対する発現物質の発見が相次いでいます。

いままではDNAに内在する台本こそが重要であったのが、一変して書き込まれた台本ごと動かす【発現物質の存在】に眼が向けられているのです。

DNAをコントロールする高次元の物質が存在するという全く新しい概念です。

21世紀に入って遺伝子の可能性を開く機能分子である酵素の働きが明らかにされようとしています。

そして、IQをUPさせる発現因子のひとつとして、PSの存在がクローズアップされて、形質発現の調節機構の解明につながる栄養素として注目を浴びているのです。

誰もがIQを向上させる遺伝子的な可能性を持っている限り、PSの存在意義は、非常に大きいと考えられています。

受験に勝つ秘訣、唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をぜひ、お試しください。



(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:02 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1