2012年02月24日

脳の機能をUPする  具体的な証明はなされるか・・・(その2)

脳は、どのようにしてその機能を進化させるのでしょうか。

2012年現在、ゲノムの解読に端を発した遺伝子組み換えに関する研究が盛んですが、わたしたちの脳細胞も、遺伝子組み換えが、脳内において高頻度に起きていることが実証されてきました。

【ヒトの脳細胞では、遺伝子組み換えが高頻度に起きていて、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっている】

※ 英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見。

                                     (英科学誌 電子版 Nature) 2011/10/31掲載
                                要旨
『ヒトの細胞では、遺伝子が組み換わる仕組みを免疫関連の細胞で知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証。
2万数千個のヒトの遺伝子が、脳細胞が記憶や思考といった複雑な脳の活動を支える仕組みを解明、この成果は、英科学誌ネイチャーに31日発表。

細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。
コピーされて組み換わった遺伝子の検出方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。
その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた』。
                       

(注)レトロトランスポゾンとは、移動する遺伝子のこと。
遺伝情報の伝達機能とともに、自己を改変する機能を有する。
 
イメージ 1


例えば、トランスポゾンは、遺伝子の一部を切り出して別の場所に移動するカット&ペーストという働きがあるのに対して、遺伝子の一部をコピーして挿入するコピー&ペーストという働きをするのが、レトロトランスポゾン。

レトロトランスポゾンは自らのコピーをつくって、ゲノム(全遺伝情報)のほかの場所に入り込む性質があり、遺伝子の発現を制御するスイッチ部分に入り込むと、その発現が増強されたり抑制されたりすることがわかってきました。

レトロトランスポゾン (Retrotransposon)というのは、可動遺伝因子の一種です。

真核生物組織のゲノム内に普遍的に存在する遺伝因子のことで、脳の可塑性にも繋がっています。

最新の研究は、遺伝子情報がダイナミックな方法で新しい進化に影響を与えていることを示唆しています。

DNAの情報伝達機能が、静的なイメージから動的なイメージに変ってきたのも興味深いところです。

脳の働きを活性化させる唯一の栄養素『PS』も、ダイナミックな変化が期待されている栄養素なのです。

次回、脳の可塑性に続く

 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:34 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

脳の機能をUPする  具体的な証明はなされるか・・・

脳は、どのように機能を進化させるのでしょうか。

何か、特別な運動が必要なのでしょうか。

そして、摂取する栄養素は、脳の神経細胞(ニューロン)をどのように活性化させていくのでしょうか。

多くの研究チームが具体的な証明に取り組んでいます。

最近では、英国エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームの発見が話題になっています。

@ 人間の脳細胞では遺伝子組み換えが高頻度に起き、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっている。

A 人間の細胞で遺伝子が組み換わるのは免疫関連の細胞が知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証した。

B 2万数千個しかない人間の遺伝子を使って、脳細胞が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかを解明した。

C 細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。
この物質の影響で組み換わった遺伝子を検出する方法を開発して、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。

その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた。

というもので、2011年10月31日付けの英科学誌ネイチャーに発表されました。

レトロトランスポゾン (Retrotransposon)というのは、可動遺伝因子の一種です。

真核生物組織のゲノム内に普遍的に存在する遺伝因子のことです。
 
イメージ 1


最新の研究は、遺伝子情報がダイナミックな方法で新しい進化に影響を与えていることを示唆しています。

DNAの情報伝達機能が、静的なイメージから動的なイメージに変ってきたのも興味深いところです。

脳の働きを活性化させる唯一の栄養素『PS』も、ダイナミックな変化が期待されている栄養素です。

脳の機能をUPさせるために、何か特別な運動はありません。
強いて言えば、毎日のように楽しく散歩することをお勧めします。

歩くという行為は、新しいニューロンを産生して、直接、脳の働きを高める働きがあるからです。

もちろん、現実の壁を突き崩すためには、強力な栄養素である【PS】が必要不可欠です。

持てる力を200%発揮するために、高機能サプリメント『PSブレイン』をお薦めいたします。

 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 17:22 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

頭の働きを良くする運動

頭の働きと運動には、どのような相関関係があるのでしょうか。

いまは厳寒の2月。
気候的にも、身体を動かすのが億劫になる季節です。

生活習慣の中に、頭の働きを良くする運動を取り入れることは、脳の機能をUPするために、高い相乗効果が得られることがわかっています。

では、【運動】と【頭の働き】の関係を理論的に把握しましょう。

a, 血糖値のコントロール
b, インスリンの抵抗性
c, 脂質代謝の改善
d, 内臓脂肪(蓄積された脂肪細胞)の縮小
e, アディポサイトカインの分泌を抑制
f, 筋肉及び肝臓が有する糖の処理能力の改善
g, 血糖値の安定

一般的に、運動には上記の健康に有効な働きがあります。
この中で、特に【頭の働き】に関わっているものは、fにある【糖の処理能力の向上】です。

その理由は、ヒトの肝臓に貯蔵されている【グリコーゲン】にあります。
 
イメージ 1

通常、健康なヒトの肝臓には、100gのグリコーゲンが蓄えられています。
つまり脳を動かすエネルギー、600キロカロリー分もの在庫が眠っているということになります。

脳の働きを要求される場面では、膨大な量のエネルギーが必要になります。
脳のエネルギーは【糖】ですから、脳が最大限に働くためには、何処かから【糖】を調達しなければなりません。
脳は、身体のどの部位よりも巨大なエネルギーを使うため、【糖】の調達が必要なのです。

その大役を担っているのが、【肝臓】や【筋肉】です。

ここいちばんという時に、肝臓の中では、グリコーゲンが【糖】に変換され、脳のエネルギーとして、脊髄脳関門を経由して、速やかに脳に運ばれていくのです。

ここで、活躍するのは、ヒトの身体の中にある夥しい数の酵素群です。
【酵素系】の働きで、グリコーゲンが瞬時に糖に変換されるからです。

体重35kgの男子では、350gのグリコーゲンがその筋肉に貯蔵されています。
身体の中にある大きな筋肉を使う運動を行えば、それだけ、いざという時の【脳のエネルギー】の確保につながります。

では、どのような運動が望ましいかということですが、いちばんのお勧めは、たやすく生活習慣のひとつにできるシンプルな運動です。

運動では、ヒトの体内にある糖や遊離脂肪酸の有効利用率を促進させます。
そのための効果的な運動は、全身の大きな筋肉を使うウォーキングです。

ゆっくりと行うジョギングもいいですし、水泳やサイクリングといった有酸素運動も理に適っています。

気になる運動時間ですが、エネルギー源として筋肉のグリコーゲンや血中の糖、遊離脂肪酸を利用するため、少なくとも20分以上の継続時間が必要です。

運動強度は、心拍数が100〜120拍/分、最大酸素摂取量の40〜60%未満になるように軽目に調整します。

運動頻度は、糖の処理能力を高めることに目標を置いて、毎日、少なくとも1週間のうち3日以上行うことが理想的です。
どんなに高性能のエンジンがあったとしても、ガソリンが無ければ走行できません。
ガソリンに相当するのが、脳のエネルギーである【糖】です。
 
また、ガソリンが豊富にあっても、肝心のエンジンがお粗末なものでは、目的地まで心もとない限りです。
高出力でスピードの出る高性能エンジンにグレードアップするための栄養素は【PS】です。

もちろん、学習の相乗効果を高めるためには、適度な運動と、脳のCPUをUPさせる唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】との併用を強くお勧めします。

運命を決するあらゆる受験に、ぜひ、お試しください。


(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html
posted by psbrain at 13:38 | TrackBack(0) | 頭を良くする運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1