2012年06月28日

頭を良くする仕組み 長期記憶の構造

最新の研究では、記憶遺伝子による【DNAのメチル化】が、長期間にわたる記憶の保存を可能にしていると考えられるようになっています。

DNAはメチレン基によって変質しないよう保護されています。

細胞分裂では細胞記憶となるDNAは、新たに生まれる細胞へと転写されていきます。

メチレン基には、ニューロン(神経細胞)における記憶転写の必要物質(タンパク質)の、発現と抑制をコントロールしている可能性が指摘されているのです。

DNAのメチル化は、遺伝子転写に影響を与えています。

@ DNAのメチル化自体が、物理的に転写タンパク質の遺伝子への結合を妨げる影響。

A メチル化したDNAが、メチル化CpG結合ドメインタンパク質と結合する影響。

 
 
イメージ 1



結合されたドメインタンパク質は、遺伝子座にヒストンを修飾するのです。

それは、ヒストン脱アセチル化酵素やクロマチン再構築タンパク質を使って、不活性化されたサイレントクロマチンを形成させる働きです。

ヒトの長期記憶の保持は、上記のようにDNAのメチル化によって、発現と抑制を制御されていると多くの研究者は見ています。

記憶力を高める【PS】についての研究も続いています。

遺伝情報の発現調節を行う機構については、対象タンパク質(遺伝子発現因子)をリン酸化・アセチル化・メチル化・脱メチル化することで遺伝子発現が抑制(コントロール)されていることが予想されています。

記憶遺伝子についての興味は尽きることがありません。
人類にとって最も期待されているテーマだからです。

あらゆる受験に勝つための、唯一の高機能サプリメント。

脳のCPUをグレードアップさせる【PSブレイン】を、ぜひ、お試しください。


(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 18:16 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。