2012年08月31日

受験に勝つライフスタイル

摂取する栄養素によって、脳や身体は大きな成長を遂げます。

その食べるという行為の中に、咀嚼があります。
よく噛むことは、脳の血流量を増幅させていきます。

哲学者であるゲーテやサルトルは、毎日、決まった道を散策していました。
それは、現在も、哲学の道として残っています。

歩くという行為は、新たに脳の神経細胞を産生させます。

大脳生理学や分子生物学の無かった時代においても、優れた智者のライフスタイルは、やはり、理にかなったものでした。

最先端の現代科学に裏付けられた、知的能力を活性化させるライフスタイルがあります。

受験に勝つライフスタイルの存在です。

特に、【睡眠】には記憶力を強化する作用があることが明らかになっています。
 
イメージ 1


睡眠時間が極端に少ない人は、記憶を司る部位【海馬のCA3野】を、フル活動させることができません。

そのため、せっかく多大な時間をかけて学習しても、効率が上がらないので、努力の割に、大して成績が上がらないことがわかっています。

【海馬のCA3野】という部位は、昼間、起きている状態の、様々な情報を受け取って、記憶媒体に集積しています。

それは、絶え間なく行われて、昼間に集められた情報(学習の成果も含む)は、大脳皮質を保管場所として、記憶の圧縮を経ながら再度、脳内の記憶媒体に蓄積されていくのです。

睡眠中の中でも、深い眠りを示すノンレム睡眠では、昼間に起きた様々な事象を、およそ100倍の高速で早送りをしながら、記憶そのものを圧縮しています。

それが【海馬のCA3野】という部位なのです。

【圧縮された記憶】は、今度は【記憶の保管】のために再び大脳皮質に戻っていきます。

この時『リップル』と呼ばれる脳波が働いて、この圧縮された情報は大脳皮質に保管されていくのです。

少ない時間で、最大限の成果を得ることは、受験などの難関が控えている方たちにとって重要なポイントのひとつです。

その機能を作動させるには、深い眠り(熟睡)が必要不可欠です。

そうすることで、昼間の学習効果を確実な記憶にできるのです。

睡眠という生活習慣が、脳の潜在的なパワーを最大限に引き出していくからです。

24時間という限られた時間。
効率よく活用して、目指す受験に勝利したいものです。

睡眠中の脳の働きを、スムースかつ効率的に行うために役に立つ栄養素。

この機会に、脳の機能をUPする唯一の高機能サプリメント『PSブレイン』を、ぜひ、お試しください。


(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 19:36 | TrackBack(0) | 受験に合格する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。