2013年06月28日

天才脳を発現する栄養素

自分(自我)とは何か。

脳の発達とともに、誰しも一度は考える命題のひとつが、この、自我の確立でしょう。

深く考える人もいれば、わずかに想念が浮かんだだけという人もいるはずです。

自我とは、記憶そのものであり、記憶システムが崩壊すると、当然、自我も消えうせていきます。

redline.jpg続きを読む
posted by psbrain at 17:45| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

天才脳を発現する栄養素 PSブレインを頭の鞄に入れておこう

アインシュタイン曰く、「人間が頭で考えることは、すべて実現可能である」。

飛行機や潜水艦、月への着陸など、人間が頭で考えたことは、次々と実現してきました。

あのタイムマシーンでさえ、必ず、実現すると予想する科学者も少なくありません。

ikukan.jpg続きを読む
posted by psbrain at 16:35| 天才のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

脳のCPUをグレードUPしよう!

著名な歴史学者たちは、王について面白い見解を示しています。

歴史と科学は、疎遠に見えて、深いところで繋がっています。

人間の歴史は、勝者だけのために作られたものが大半を占めるため、その真実は覆い隠されていく運命を持っています。

しかし、冷徹な歴史学者の眼は、そうたやすくごまかせるものではありません。


多くの歴史学者は、宗教から距離を置くようになります。

最高の知性と言われる高名な歴史学者たちが、敬虔なクリスチャンの家庭に生まれながら、やがて、教会を去っていったのには、それなりの理由があるからでしょう。

19世紀の哲学者、アルトゥール・ショーペンハウアーやにフリードリヒ・ニーチェたちも、【神は死んだ】と、高らかに宣言しています。



優れた知性は、タブーと言われる領域にも、果敢に踏み込んでいきます。

すべてを科学的な事象と捉えているからでしょうか。

事実、人類におけるほとんどの戦争の根底には、人種間の問題や宗教や思想があります。

お互いを尊敬しあい、認め合うことは、机上の空論なのでしょうか。

戦争をして、他国を制圧しても、何もいいことはありせん。
最早、そういう時代は、過ぎ去っているからです。

現在、米国も多額の財政難に喘いでいます。

戦争をすればするほど、その国は衰退することを、歴史は教えているのです。


戦争の無い、平和な世界を実現する知性が登場するのは、いつのことでしょう。



akafuji.jpg

続きを読む
posted by psbrain at 18:23| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1