2014年12月19日

受験に合格する確率(IQ)を上げよう

ごく普通のご家庭の中から、IQの優れて高い子供が誕生することがあります。
日本にはありませんが、スイスやアメリカではそういった子供たち専用の教育機関が存在します。

では、普通のIQで生まれたなら、それは運命であり変えることは不可能なのでしょうか。
答えはNOです。

ヒトの脳の特徴的な部位である前頭葉は、思考・記憶・分析・判断を司る重要な部位ですが、発達のピークは60代であり、脳の使い方次第では100歳前後まで矍鑠としていることが可能であることが明らかになっているからです。

脳の神経細胞は、20歳を過ぎればどんどん減少していくと言われていたのは、分子生物学などの新しい学問が誕生する以前の話です。

散歩を一定のリズムで行えば、脳の神経細胞は新しく産生されることが明らかになっています。
ソクラテスやプラトンが、散策しながら哲学を深化させた話は有名ですが、彼らは脳の機能の秘密を体験的に知っていたのかも知れませんね。


moya.jpg


誰の脳にも天才脳は存在することがわかっています。
遺伝子の発現は、【転写】と【翻訳】という二つの過程を経て、DNAの塩基配列である遺伝情報がタンパク質などに変換される過程を言います。

転写と翻訳によって新たに生まれたタンパク質が、確率的に直接特定された生体内で化学反応を起こしていきます。
この化学平衡の変化が、他の遺伝子情報の発現に影響を与えるのです。

『PSブレイン』の栄養素は、脳の活性化を促すパワーがあります。
ホスファチジルセリンとは『細胞膜を構成するリン脂質』の一種なのです。

すべての細胞膜にホスファチジルセリンは含まれていません。
細胞膜の全リン脂質中の約2%にしかホスファチジルセリンは含まれていませんし、脳細胞全体でみてもおよそ20%程度しか含まれていないのです。

しかし、含有率からみると身体中のどの細胞よりも脳細胞に極端に集中してホスファチジルセリンが多く含まれているのです。

これはホスファチジルセリンが『脳の機能に重要な役割』を果たす成分であることの証左であり、ホスファチジルセリンという栄養素の可能性が注目される大きな原因でもあります。

脳の神経細胞に画期的な働きをするPSブレインは、受験に合格する確率を確実に押し上げます。
この機会に、脳のCPUをグレードアップする高機能サプリメント【PSブレイン】をぜひ、お試し下さい。




posted by psbrain at 20:15| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。