2015年07月30日

受験合格サプリメント PSブレイン



日本列島は厳しい暑さに見舞われてまさに夏本番を迎えました。
この季節を乗り越えると合格まで一瀉千里の道のりです。

人生において大切な局面はそんなに多くはありません。
悔いの無いように勉学に勤しんでまいりましょう。

PSブレインをご愛用いただいております皆様から、うれしいご報告をいただいております。
受験の天王山といわれるこの夏場に、数学の問題を解く時間が思いのほか短縮できた、あるいはいままで苦手だった数式が解けるようになったというメールを頂戴しております。

さらに、勉強の合間に体を動かすことを推奨してまいりましたが、早朝のジョギングなどのおかげで体力がついていくのが実感できた。
小さな自信は勉強にも波及効果があり、苦手な科目へのチャレンジも苦にならない・・・・などなど、PSブレインと一定の運動量が相乗効果を生み出す仕組みによって学力の向上をご報告いただいております。

夏休みは1日中、部屋で勉強をすることも可能ですが、それでは学習効率はあまり良好とは言えません。
時間の使い方は、あの大英帝国を築き上げたアングロサクソン系英国人たちの習慣に学ぶべきものがあるのではないでしょうか。

ps3.jpg


彼らは朝の8時半か9時ごろに仕事にとりかかり、11時にはティータイムをとります。
職場の近くのカフェに出向く人も多く、この時点で一度、外の空気を味わいながら散歩のように体を動かすのです。

30分前後のお茶の時間を愉しんだ後は、お昼休みまで集中して仕事をこなし、午後の3時ともなれば再びティーブレイクの時間です。
このように書きますとお茶ばかり飲んで時間の無駄のように感じますが、ヒトの集中力が持続するいちばん効率的な時間で区切ってティータイムになるのでこのほうが効率は高いことが証明されているのです。



日本では紅茶の代わりに緑茶でもいいでしょうし、珈琲もお勧めです。
カフェインが苦手な方はローズヒップティなどのハーブティという方法もあります。
身体を動かす時間を習慣的に確保しながら持続すること、必ずお茶やハーブティなどで水分を補給することが重要なポイントです。 

PSブレインには、 記憶形成において重要な役割を果たす脳の海馬に着目した研究においても、大脳の細胞膜上での重要物質であるリン脂質であるホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸(PIP2)が存在することにより、PIP2を合成する酵素【ホスファチジルイノシトール4-リン酸5-キナーゼ(PIP5K)】の働きとして、LTD誘導時の活性化が起こる可能性が指摘されています。

PSブレインに含有されているホスファチジルイノシトール4ーリン酸キナーゼ【PIP5K】は、記憶力を増大させる働きを持つ重要な酵素なのです。

記憶力を高める唯一のサプリメント。

受験に勝利することを目的に作られた特別なサプリメント【IQサプリメントPSブレイン】を、最大限に活用して、目指す難関に果敢にトライしてまいりましょう。



(関連ページ)
posted by psbrain at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

受験合格のコツ



脳の機能をグレードアップする唯一の高機能サプリメントPSブレインは、脂溶性栄養素なので食事の後に摂取することで消化・吸収が効率的になります。
また、バナナやヨーグルト、皮付きピーナッツやクルミを使用したデザートの後に、PSブレインを飲むことで相乗効果が生まれます。

受験勉強にも大きな効果を生みますが、最近の研究報告では、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供たちへの投与で、かなり高い確率で優れた効果が報告されています。

ヒトの記憶力や寿命を調節する調節遺伝子の存在、あるいは長寿になりやすい長寿遺伝子や記憶遺伝子の相次ぐ発見により、最も熱い研究分野となっています。

174.jpg

わたしたちが日常的に馴染みのある赤ワインや玉ねぎの皮、ピーナッツの渋皮には希少価値の高いポリフェノールが存在します。
それが【レスベラトロール】です。

このレスベラトロールという物質には、ヒトの長寿遺伝子を活性化させる長寿遺伝子の発現因子であるという報告があります。
レスベラトロールというのは、ポリフェノールの一種であり、特に赤い葡萄の皮に多い物質です。

2011年11月には、ピーナツの渋皮にアルツハイマー病の進行抑制が期待されるポリフェノール成分が豊富に含まれていることが、古川昭栄・岐阜薬科大学教授(神経科学)を中心とする研究グループによって明らかにされました。

2011年11月に報道された引用文は下記のとおりです ↓

『脳内に神経細胞の機能低下を引き起こすアミロイドベータたんぱく質が蓄積されると、アルツハイマー病や認知症を発症率が上昇します。研究チームは、【神経栄養因子】が低下するとともに記憶力が衰えることに注目。
【神経栄養因子】の機能を高める効果のある植物成分を探したところ、ピーナツの渋皮に含まれるポリフェノールに神経栄養因子と類似の働きがあることを確認した』というものです。

古川教授の研究チームは、『何故、ピーナツの渋皮のポリフェノールに、神経栄養因子とよく似た働きがあるのかは分かっていない』と述べています。

以上、引用おわり




また、幼児から成長期を通しては、たまご料理を多く食べることが脳の発育に良いことがわかっています。

アミノ酸       全卵 卵黄 卵白(100g) 
イソロイシン     340 330 350 
ロイシン        550 540 560 
リジン         450 470 430 
メチオニン      210 160 250 
シスチン       160 130 200 
フェニルアラニン   320 260 380 
チロシン        260 260 250 
スレオニン      290 300 280 
トリプトファン     94 90  98 
バリン         420 380 460 
ヒスチジン      160 160 160 
アルギニン      400 440 370 
アラニン        360 320 390 
アスパラギン酸    640 590 670 
グルタミン酸      800 730 850 
グリシン         210 190 230 
プロリン       240 250 230 
セリン         430 450 410 

特に、アスパラギン酸には脳内のグルタミンを増加させる作用が知られています。
アスパラギン酸が、神経細胞に及ぼす情報伝達にかかわる仕組みは、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止めて、米科学アカデミー紀要電子版に発表しています。

このように、記憶・学習の仕組み解明につながりそうな【神経栄養因子】の研究は、世界中で続いています。

特に【PS】に関する研究は、最も熱い分野です。

2015年現在も【PS】は脳のCPUをグレードアップする唯一の栄養素だからです。

サプリメントでしか摂取することができない貴重な栄養素【PS】
誰もが持っている脳内の神経細胞に積極的に関与する栄養素【PS】

最も効率よく摂取するためには高機能サプリメント【PSブレイン】をお薦めします。
脳のCPUをUPする唯一の高機能サプリメントIQサプリメントPSブレインを、ぜひ、お試しください。


(関連ページ)
posted by psbrain at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

受験サプリで合格を勝ち取ろう

脳にやる気を起こす刺激を与える栄養素や脳を元気にする栄養素があります。
ヒトは興味のある分野や得意な分野には積極的にやる気がでます。

苦手な分野の学習さえも意欲的になるといった【ポジティブな精神状態】は、脳のどのような部位が活性化した状態なのでしょうか。
2015年現在も、このような積極的な精神状態を生み出す脳の部位の特定は正確には成されていませんが、おおよその範囲は明らかになっています。

また、これらの部位に、特定の栄養素が大きく作用していることもわかっています。
強い意思の力がその成否を決定する【ダイエット】においても、ある特定の栄養素が脳の満腹中枢を刺激することで、困難な減量さえもスムースに達成させるのです。

その夢のような栄養素とは特定のアミノ酸群の中に存在しています。
現在、わかっているのは、カツオブシやカツオだしに多く含有されている【ヒスチジン】というアミノ酸です。

                    00144.jpg
    
このアミノ酸は、消化・吸収されると、脊髄・脳関門を速やかに通過して、ヒトの脳内でヒスタミン(histamine) に変化します。
ヒスタミンは、脳の重要な神経細胞を刺激します。

つまり、満腹中枢の一つである【ヒスタミンニューロン】を刺激して、十分な満腹感を与えることでダイエットの持続を可能にすることがわかっています。
ダイエットの敵とも言われる容赦ない飢餓感とも無縁になり、徒に無用な敗北感に晒されることもなく、楽な気持ちでダイエットに取り組むことができると報告されています。

アナンダマイドなども、脳に幸福感という刺激を与える栄養素です。
脳に多く存在していて快感などに関係する脳内麻薬物質の一つです。

脳の中枢神経系および末梢で多様な機能を有して構造的にアラキドン酸に由来するエイコサノイドの一種と考えられています。
その仕組みはホスファチジルコリンのsn-1位に存在するアラキドン酸はホスファチジルエタノールアミンのアミノ基に転移されていきます。
その結果、N-アラキドノイルホスファチジルエタノールアミンが作られてアナンダミドが合成されるのです。

これらのシステムに関わるさらに重要な栄養素の存在も明らかになっています。
人類は、画期的な栄養素を発見します。

それが【PS】です。

記憶を司る【脳の神経細胞を活性化】する唯一の栄養素です。

目前にある困難な受験や、乗り越えなければならない難関は、人生の至るところにあります。

【PS】は、受験に勝利する栄養素です。

いよいよ受験勉強の天王山を迎えます。
脳のCPUをUPする唯一の高機能サプリメントIQサプリメントPSブレインを、ぜひ、お試しください。
posted by psbrain at 13:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1