2010年08月04日

ピグマリオン効果が示す報酬応答行動の正当性

ローゼンタールが行った実験では、ヒトは期待されることで、学習成果が上がると言われています。

これをピグマリオン効果といいます。
西暦1964年、教育心理学者のロバート・ローゼンタールは、『期待』とそれに伴う『心理的作用』が学習に及ぼす効果の実験を行いました。

ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話の王の名前です。
古代ローマのオウィディウス『変身物語』の第10巻に登場します。

ピグマリオン王の恋心が彫像を人間に変えていくお話ですが、王が恋焦がれた女性の彫像が、美の女神アフロディテの力で、彫像が人間になったと言う伝説に由来しています。

まず簡単なテストを行い、その成績には関係なく任意に生徒を選びます。
そして、その名前を壁に貼り出して、『この生徒たちはこれから成績が上がる』と宣言します。
こうして『期待された』生徒たちは、例外なく成績が上がったという実験です。
 


いまの大脳生理学における解釈では、ローゼンタールの行った実験の『期待』が報酬であり、再び、その報酬を受け取りたい(期待を裏切らない)という思いが、ドーパミンの分泌につながったと考えられます。

《意欲的に学習したり、常人の域を遥かに超える研究に没頭する場合は、中脳の腹側被蓋野から大脳の側座核に投射しているドーパミン神経から放出されるドーパミンが放出されて、このような報酬応答行動を支えていることが明らかにされてきました。》前回のブログから・・・

つまり、過度の期待で押しつぶすのではなく、目の前の小さな事柄を褒めていく(期待する)行為が、夢を現実にする力になることを、ローゼンタールの実験では示しています。

こどもにとって、初めて体験する学習は、ともすれば失敗の連続であるかも知れません。
しかし、試行錯誤を重ねることによって次第に効率が上がっていきます。

失敗も含めて、その過程を正しく褒めることが、報酬応答行動に直結していくと考えられています。

脳の回路が効率よく働くようになりますから、疲労さえも感じなくなって思考速度が倍増します。

脳の処理速度が速くなることは、計算などをすることで体感できるでしょう。
脳の能力をUPする唯一のサプリメント『PSブレイン』も、夢を現実にする大きな力を有しています。

暑い夏ですが、いまこそ力を振り絞って、目の前の大きな壁を乗り越えていきたいものです。
美の神アフロディテのみならず、勝利の女神も微笑むような歴史を作っていきましょう。

 
(関連ページ)
 
ローズヒップティー
http://www.pure-supplement.com/rosehip/index.html
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 15:54 | TrackBack(0) | 頭の良くなるお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。