2011年11月11日

脳の進化は止まらないU 変化する知能指数(IQ)

合格した人は知っている【受験に勝つ秘訣 PSブレイン】

21世紀になって、摂取する栄養素や、食事の仕方で、知能指数は大きく変化することがわかってきました。

食事の仕方では、よく噛んで食事をすることで、PAROTIN(パロチン)という成長ホルモンが唾液中に放出されます。

しかも、この唾液に分泌された成長ホルモンは、多様な働きをします。

@ 弾力繊維の発育促進
A 結合組織の発育促進
B 細網内皮系の賦活化
C 血清カルシウムの低下作用

などが知られていて、既に

a, 白内障の進行防止
b, 初期老人性白内障
c, 進行性指掌角皮症

などの薬として活躍しています。
イメージ 1

食べ物をよく咀嚼することは、脳細胞の発育促進にも多大な影響を与えていることも明らかになっています。

実際、自分の歯で良く噛んで食べているご高齢の方は、認知症やアルツハイマー病の罹病者が極端に少ないことがわかっているのです。

よく噛むことで、誰でも唾液中にPAROTIN(パロチン)が分泌されるのですから、咀嚼する習慣をつけることもIQを高めることになります。

ある特定の【栄養素】もまた、脳の活性化に大きく関与しています。

それは、自然界では十分な必要量を摂取することが不可能な栄養素である【PS】です。
原料は大豆ですから、副作用もありません。
問題は、気が遠くなるような量の大豆を食べなければ、必要料が摂取できない栄養素であるということです。
必要量を効率よく摂るためには、高度な技術で栄養素を抽出する以外に方法はありません。

IQを変化させることは、自身の運命をも変化させることに直結しています。

より良い方向にIQを変化させる栄養素、高機能サプリメント【PSブレイン】をぜひ、お試しください。



 
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 17:41 | TrackBack(0) | IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。