2012年07月27日

脳の機能をUPしよう

脳と生体恒常性(ホメオスタシス)

ヒトの身体の細胞の数は、およそ60兆個から70兆個です。

膨大な数の細胞は、必要な栄養素を血液などの体液によって供給されます。

例えば、体重が50kgなら、体内には約10kgの体液があります。

この体液は、電解質や糖、あるいは、アミノ酸や脂肪酸といった栄養素で構成されていて、膨大な数の細胞群が消費する栄養素を、常に把握して、不足分を補充していくことで、生体の健康を維持しています。

体液中に、生命活動で費やされたタンパク質やミネラルが不足すると、脳の摂食中枢が働きます。

いま、身体が必要とする栄養素を含有する食料情報を、過去のデータをもとに組み立てて、食欲が刺激されるというわけです。
イメージ 1

2012年現在も、口から食べ物を摂らないで健康を保つことは不可能です。
点滴だけで、生命をつなぐことはできないのです。

摂取された食べ物によって、生きるために必要なホルモン分泌が体内で起こります。

たとえば、ご飯を食べたら、速やかにインシュリンが分泌されるといった具合です。

このような精緻な反応により、食べたお肉は胃や小腸で分解吸収されて、肝臓に達した時点では既にアミノ酸になっているのです。

脳の働きは、極めて重大です。

いま、身体に不足している栄養素を、脳は選出するからです。

脳が萎縮しないために、良質のお肉を食べたくなったり、血圧を下げるために、カリウムの豊富な果物を食べたくなったり、これらは、脳の生命維持装置であるホメオスタシスのおかげです。

学習にも同じことが起こります。

勉強を続けていくと、高度な学習効率を要求されるようになります。
その時、知能指数の高い人ほど、PSという栄養素を摂りたいと感じているのです。

脳は使えば使うほどその能力をUPすることができる特異な器官です。
しかも、効率的な反復練習で、高度な学習成果を築き上げることが可能です。

この時、神経細胞から伸びた突起「軸索」に、良好な影響を与える高機能栄養素【PS】があれば、記憶力の増大に大きな相乗効果をもたらします。

記憶力をUPする唯一の栄養素『PSブレイン』

学習する脳は、この、究極の栄養素を求めているのです。

あらゆる困難な受験に、ぜひお試し下さい。

(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html
IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html
受験に!PSブレイン&GQ-1
http://www.pure-supplement.com/phospha/set.html


posted by psbrain at 13:14 | TrackBack(0) | 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。