2014年01月31日

脳機能を活性化させる栄養素

脳に刺激を与える栄養素の存在。

勉強などに積極的にやる気がでる、あるいは、困難な状況にあっても意欲的になるといった、ポジティブな精神状態は、脳のどのような部位が活性化した状態なのでしょうか。

現在、このような積極的な精神状態を生み出す部位の特定は、正確には確定されていませんが、そのおおよその範囲は明らかになっています。

これらの脳の部位に、特定の栄養素が大きく作用していることもわかっています。
ある特定の栄養素が、脳の満腹中枢を刺激して、その結果、困難な学習さえもスムースに達成させるのです。

その夢のような栄養素とは、ある特定のアミノ酸群です。


nangoku.jpg



体重の減量を成功させるアミノ酸もあります。

現在、わかっているのは、カツオブシやカツオだしに多く含有されている【ヒスチジン】というアミノ酸です。
このアミノ酸は、消化・吸収されると、脊髄・脳関門を速やかに通過して、ヒトの脳内で、【ヒスタミン】に変化します。

ヒスタミンは、脳の重要な神経細胞を刺激します。

つまり、満腹中枢の一つである【ヒスタミンニューロン】を刺激して、十分な満腹感を与えるのです。
ダイエットの敵とも言われる容赦ない飢餓感とも無縁になり、徒に無用な敗北感に晒されることもなく、楽な気持ちでダイエットに取り組むことができるのです。

学習効率を飛躍的に上昇させる栄養素も確定されています。

それはPSブレインの主要成分であるPSです。
2014年現在も、脳のCPUをUPさせる唯一の栄養素です。

この機会に、高機能サプリメント『PSブレイン』を、ぜひ、お試しください。




 
(関連ページ)

IQの良くなるお話―はじめに















posted by psbrain at 18:37| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。