2014年06月20日

受験に役立つ唯一の栄養素PSブレイン

アインシュタイン曰く、「人間が頭で考えることは、すべて実現可能である」。

人の頭脳には、限りない可能性が秘められています。

では、どのようにすれば、可能性を開く遺伝子群の発現が起きるのでしょうか。
2014年現在も記憶の貯蔵庫のありかさえわかっていないのが現状です。

膨大な数の神経細胞のどの部位にあるのか。
大脳のニューロンは150億以上もあります。

このあまりにも膨大なニューロンの壁は、複雑な回路網を形成して、記憶の貯蔵庫のありかも特定させてはくれません。

研究は、あたかも巨大なアイガー北壁に素手で挑むような観を与えています。

ps13.jpg


記憶力を増大させる働きを持つ酵素の存在に注目が集まっています。
脳の神経細胞である【シナプス】では、互いに結合しながら神経回路を形成している神経細胞【シナプス】は、神経活動の活性化による興奮で、グルタミン酸を放出することがわかっています。

興奮によって放出されたこのグルタミン酸は、脳の【興奮性神経伝達物質】そのものなのです。

その働きは、隣の神経細胞に存在するタンパク質であるグルタミン酸受容体に結合して神経細胞の興奮を伝達していくのです。

例えば、【学習】を繰り返すことで脳の【グルタミン酸受容体】は、その数を増やしていきますが、これは、脳の記憶に大きく関わっている可能性が指摘されています。

記憶や学習の成否は、神経伝達効率という分子レベルの変化に変換されることによって、神経細胞であるシナプスに貯えられ、決定されていきます。


生体のエンドサイトーシス (Endocytosis)という機構には、細胞が細胞外の物質を取り込む仕組みがあります。

生体細胞に必要な物質のうち、極性を持つ大きな分子は、疎水性物質の細胞膜を通過できないため、取り込むための仕組みとしてエンドサイトーシスという機構によって細胞内に輸送されていきます。

このエンドサイトーシスは、NMDA型のグルタミン酸受容体であるNMDA受容体の活性化が必要不可欠です。

NMDA受容体自体は情報伝達にはほとんど関与しません。

ところが、神経活動が亢進することで、NMDA受容体が活性化し、細胞内にカルシウムを流入させることにより、脳のシナプス可塑性を司っていると推測されています。

生体内での神経活動が活性化した場合、クラスリン依存性エンドサイトーシスがどのように引き起こされるのかは、現在も具体的な解明はなされていません。
知能をUPさせる仕組みは、多くの研究者の注目事項です。
現在も、PS(ホスファチジルセリン)に関わる研究は、最も光が当たっている分野です。

もちろん、 記憶形成において重要な役割を果たす脳の海馬に着目した研究においても、大脳の細胞膜上での重要物質であるリン脂質であるホスファチジルイノシトール4,5-二リン酸(PIP2)が存在することにより、PIP2を合成する酵素【ホスファチジルイノシトール4-リン酸5-キナーゼ(PIP5K)】の働きとして、LTD誘導時の活性化が起こる可能性が指摘されているからです。

演繹的な研究成果は、必ず帰納的な果実を伴って目標にたどり着きます。

ホスファチジルイノシトール4ーリン酸キナーゼ【PIP5K】は、記憶力を増大させる働きを持つ酵素です。

人生の命運を左右するあらゆる受験に、記憶力を増大させる唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をお勧めいたします。



posted by psbrain at 20:20| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。