2014年06月27日

頭脳を明晰にする方法

糖尿病でもないごく健康な人の場合でも血糖値が下がることが記憶力を高めることにつながる。
最新の研究報告では、記憶や学習能力を良好に保つために、血糖値を正常値よりも、さらに下げるべきと結論付けています。

血糖値が正常な人でも、血糖値が低いほど記憶力が高くなることがあきらかになっているのです。

この研究は、慢性的に血糖値が高めの人が、学習に関連する脳領域の構造に異常が発生して認知機能に悪影響を及ぼす因果関係を明らかにしています。
※ ベルリン医科大学アグネス・フルール(Agnes Floel MD)たちの研究グループ

1〜2 カ月間の長期にわたって血糖値の状態を示す HbA1c 値、インスリン濃度を測定、脳を MRI スキャンして、記憶に重要な役割を果たす脳領域の海馬の体積と、灰白質バリア密度によって示される微細構造を測定しています。

その結果、低い血糖値および HbA1c 値は、記憶力や学習能力の高い得点に関係することを発見。

低いHbA1c 値による記憶力への好ましい影響は、部分的に、脳の海馬の大きさや微細構造によって、HbA1c 値が高いほど、海馬が小さくなる傾向があったのです。


donut.jpg


炭水化物はヒトの体内で糖質に変換されます。
ご飯一膳が角砂糖14個分の糖質になるのです。

糖質や炭水化物をできるだけ摂らない食習慣は記憶力に大きな影響がある可能性を示唆しています。

そのような食習慣に加えて、脳機能をUPする唯一の栄養素『PSブレイン』の摂取は、素晴らしい相乗効果を生む可能性があります。
ぜひ、お試しください。


  


posted by psbrain at 20:02| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。