2014年10月07日

受験に合格する方法A 備えあれば憂い無し

前回は記憶の効率化についてでしたが、今回は受験に合格する方法の2回目です。

それは備えあれば憂い無しというように、受験の準備を万端にしておくということです。
当日の交通機関の状況や、天候などはもちろんの事、不測の事態を考慮することも大切な準備のひとつです。

受験当日の朝ごはんは、身体が温まって頭の働きも活性化しやすいカレーをお勧めしています。
本番までに模試などがありますから、朝の食事もカレーにしてみて、どの程度の量を食べると調子が良いかということも予め把握しておきます。

細かいようですが、自らが決めたルールに則って粛々とスケジュールをこなしていくことが大きな自信となるからです。

毎日、朝食の後と夕食の後にPSブレインを愛用することも重要なルールです。
脳の神経細胞は、刻一刻と生まれており、新しく生まれてくるニューロンほど記憶のパワーが優れていることも明らかになっています。

また、ガムを噛んだり、食事をする時に、脳と顎の筋肉には三叉神経を通じて信号(電流)が送られます。

これは、電気的な信号によって噛む感触とともに、舌の味蕾細胞や歯の感覚を、脳にダイレクトに伝えているのです。

眠くてたまらない時にガムを噛むと眠気覚ましになるのは、上記の三叉神経が脳幹につながっているからです。
『脳幹』はヒトの覚醒時を総括する部位ですから、ここに刺激が伝わる(つまりものを噛む行為)ことで脳幹の働きが優位になり、覚醒するのです。

このような【咀嚼】という行為は、大脳の内側の大脳辺縁系が担っている本能的な【生きるための行為】と、大脳新皮質がコントロールしているヒトの理性としての【食べることを楽しむ行為】であり、脳の異なる部位にまたがっています。

もうひとつの生理的な側面もあります。
咀嚼という行為は唾液の分泌を促進し、脳の血流を良好にするのです。

ヒトの寿命は、唾液が多い程、長寿の傾向が強く、脳の血流が良好である程、脳の能力は活性化することがわかっています。
何故、活性化するかという研究にも大きな関心が寄せられています。

脳の神経細胞ニューロンが新たに産生しやすくなるという研究報告も少なくありません。
PSブレインは2014年現在において最高の原料と製法で作られており、脳の神経細胞が産生されるための原料でもあります。

2014年10月7日現在、対前年比を遥かに上回る売れ行きを示しており、皆様の口コミによるご紹介に心より感謝申し上げます。
本番まで残りわすかとなってまいりました。

毎年、売り切れによる品不足になりがちですので、本年も増産体制という万全の態勢で臨んでおります。

脳のCPU機能をUPさせる栄養素の存在をご存知なかったかたたちからも、多くのご質問をいただいております。

この機会に、脳の機能をUPする高機能サプリメント、PSブレインをぜひ、お試しください。



posted by psbrain at 16:12| 受験に合格する食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。