2015年05月22日

天才脳の作り方

ヒトの脳と他の生物との違いは、記憶・思考・創造など特徴的な働きが優れているところにあります。

思考や創造性を担う脳の最高中枢は前頭前野にあり、ヒトとその他の動物との間に存在する大きな相違点でもあります。


脊椎動物の多くには、ニューロンの軸索の周りに絶縁性のリン脂質の層を指すミエリン鞘の存在が明らかになっています。
ヒトが他の脊椎動物に対する脳機能の優位性はどこにあるのでしょうか。

思考力や記憶の呼び出し、あるいは創造力といった機能は、脳の神経細胞であるニューロンやシナプス間の電気信号の伝達スピードが関係しており、一般にも【閃いた】という言葉があるように、実際に微細な電気信号が流れていることが確認されています。

脳のめぐりが良いという言葉が示すように、ニューロンとシナプス間を通る微細な電気信号の速さが頭の良い・悪いを決定づけています。


ps2.jpg


ヒトのミエリン鞘は、ところどころ断裂しており、電気信号が凄い速さで断裂した部分をワープすることで他の動物が及ばないような記憶力・思考力・創造力を発揮すると考えられています。

コレステロールの豊富な絶縁性のミエリン鞘(髄鞘)は、軸索を覆っており神経パルスの電導を高速にする機能を有しています。


ミエリン鞘(髄鞘)はグリア細胞の一種のシュワン細胞と稀突起グリア細胞で構成されています。

シュワン細胞は末梢神経系の神経に髄鞘を形成して、グリア細胞は中枢神経系の神経での髄鞘を形成しています。

脳の色が白っぽく見えるのは大脳皮質の内側に髄鞘化された神経細胞の軸索の線維が集まっているためでミエリン鞘(髄鞘)のリン脂質によります。

既にホスファチジルコリンが認知機能に有効であることが発見されております。

脳の機能をUPさせる唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をこの機会にぜひ、お試しください。




posted by psbrain at 20:52| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。