2015年05月29日

脳の機能をUPして受験に合格しよう

脳は血液・脳脊髄関門(blood-brain barrier)に守られています。

例えば唐辛子を食べるとカプサイシンという辛み成分が体の中に入ってきますが、もし、これがそのまま脳へ入っていくと大変なことになります。

2010年9月のニュースではカプサイシン (capsaicin)は他の物質と同時摂取すると癌の発生を促進する機能を備えていることが明らかにされたと報道されています。

このような物質が簡単に脳へ侵入すると恐ろしいことになるのは明らかです。

現実には脳を守るボディガードのような存在の血液・脳脊髄関門で脳には不要な物質として除外されるので脳はダメージを受けるような事態を避ける仕組みになっています。

もうひとつの側面から考えると、脳の必要とする栄養素と体が必要とする栄養素は大きく異なることが明らかになってきます。

脳には身体から独立した代謝の機能があります。

身体の代謝機能とは同一ではないので、摂取する栄養素も【脳】のための栄養素を摂取しなければなりません。
ここで重要な事は、脳へと運ばれる栄養素は必ず輸送体という乗り物に乗って運ばれます。

ところが輸送体の数は限られていて、筋肉を増強するための栄養素と一部だけですがダブっている栄養素は輸送体の奪い合いという現象が起こります。

ストレスに打ち克つことができなかったり、いつもいらいらしていたり、リラックスできない状態が続いて落ち込んだり、このような衝動性の制御が困難になって、何事にも集中できない、いつも睡眠障害の悩みがあり何事にも興味や意欲が湧かないといった人は、脳に必要な栄養素が不足している可能性が指摘されています。


記憶や創造・言語・思考・判断といったヒト特有の知的活動は脳の大脳新皮質が担っています。


大脳新皮質の脳細胞は約140億個で構成されていて、わずか2mm前後という薄い皮質の中に収まっています。
特に前頭連合野は重要で、感覚・認識・記憶といった高度な分野の活動をする部位です。



加齢などで神経細胞が潰れても、脳の可塑性により、代わりのシナプスが生まれてその能力を補う仕組みになっています。

記憶や創造・言語・思考・判断といったヒト特有の知的活動は脳の大脳新皮質が担っています。
脳が必要とする栄養素の中でも、【PS】は記憶力を高める特殊な栄養素です。

学習の効果を最大限に発揮するために、記憶力を高める唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をお勧めします。





posted by psbrain at 22:30| 脳のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。