2015年11月26日

脳のCPUをグレードアップ  受験に勝つサプリメント




ヒトの体の働きについて多くのことが明らかになっています。
記憶力や判断力も例外ではありません。

ニューロンやシナプスという脳の神経細胞をつなぐ部位に流れるインパルスのスピードも【5HT1A】【5HT1C】【5HT1D】【5HT2】【5HT3】などの脳の受容体が大きく関与しておることが明らかになっています。

脳の機能をUPするために受容体があります。
受容体(レセプター)とは、細胞膜や細胞質あるいは核内にあるタンパク質のことです。

受容体は、神経伝達物質やホルモン、細胞増殖因子などの物質を結合して、細胞外のシグナルを細胞内シグナルに変換する装置として働きます。

ヒトの脳にも主要な受容体があることがわかっています。

【5HT1A】【5HT1C】【5HT1D】【5HT2】【5HT3】などです。

ps14.jpg


脳の出先機関である目の視神経にも光を感じる受容体があります。
光受容体といってオプシンと呼ばれるタンパク質とビタミンA誘導体の複合体です。

光受容体は、脳の出先機関である視細胞の中に存在しています。
光受容タンパクであるオプシンは、性別に分かれており、オプシン遺伝子がX染色体にあるため、男性は2種類しか持っていません。

女性は、最大4種類のオプシンを持っている可能性があります。


さらに、食事の時に感じる味にも受容体があります。
舌を鏡でよく見ると、小さな突起が見えます。

これは乳頭といってこの中に直径0.5mmという小さな蕾が数十個単位で味細胞を形成しています。
味細胞の先端には繊毛があり、ここで受容体と呈味物質が結合することでシナプスが味神経線維を通じて神経束といくつかの中継点を経て脳に味覚を伝えています。

甘みや苦味を感じる受容体の数は数百にも及び、全てが解明されているわけではありません。

もちろん、記憶を支える受容体もあります。
ひとつの味や香りに付随して過去の記憶が蘇ったり、思い出として懐かしい思いに駆られるのも記憶の受容体と香りや味の受容体に密接な連携があるためです。

脳のCPUをUPさせる唯一のサプリメント【PSブレイン】の成分も脳の受容体を経て記憶の中枢に働きかけるため、人生の大きな試練に立ち向かう時、【PSブレイン】は頼もしい味方です。

受験という人生で最も大切な時期に大きな力を発揮する高機能サプリメント【IQサプリメントPSブレイン】を、ぜひ、お試しください。














posted by psbrain at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。