2015年02月26日

受験当日の朝ごはん

受験当日の朝ごはんとして、カレーライスの写真を掲載しましたところ、多くの方より反響をいただきました。

カレーの中でも、なぜビーフカレーなのでしょうかという問い合わせをいただいております。

今回は、もっと深く掘り下げて考察してまいります。



受験に勝つコツというのは、実は誰しも知りたい情報のひとつです。

秘訣には、必ず確かな理由があります。



これを食べることで脳の発達がよくなり、記憶力や思考力が上昇する食べ物があります。

たとえば、知能を発達させる食べ物としては私たちの身近にある鶏卵があります。

アラキドン酸は脳の発達に欠かせない栄養素ですが、たまごには生卵18g中86mgものアラキドン酸を含有します。

ゆでたまごの黄身だけで17g中80mgものアラキドン酸を含有しています。



若鶏のもも肉では90g中60mgのアラキドン酸があり、豚肉では肩ロース肉89g中64mgのアラキドン酸が含有されています。

もちろん、お肉のレバー、鯖や鯛、昆布などにも含有されていますから、普段からごく自然に口に入れている栄養素であるといえます。
アラキドン酸という栄養素は、含有量が豊富な食材が多く、わざわざサプリメントで補給しなければ摂れない栄養素ではありません。

できれば母親の愛情たっぷりの手作りのお料理で食事から摂りたいものですね。

アラキドン酸は脳の発育に役に立つ栄養素ですが、それはアナンダミド (anandamide)アラキドノイルエタノールアミド(arachidonoylethanolamide, AEA)の働きがあるからです。

これらは神経伝達物質・脂質メディエーターとして働きます。

内因性のカンナビノイド受容体リガンドは、特に脳に多い物質で、アラキドン酸に由来するエイコサノイドの一種と考えられています。

アナンダミドとは、サンスクリットのアーナンダ(法悦、歓喜の意)とアミドを合わせた造語です。




『PS』はFAAHという脂肪酸アミド加水分解酵素  によって、エタノールアミンとアラキドン酸へ分解されます。

PSブレインは6歳前後から使用可能ですから、それまでの期間はアラキドン酸を多く含有する食事を心がけることが大切です。

6歳からはそういった食事とPSブレインを併用することで、さらに相乗効果が得られることは言うまでもありません。

また、受験当日といったような差し迫った状況下において、即効性のある食事としてビーフカレーがあります。
カレーに含有されるウコンは、脳の働きを活性化させるという報告が世界中の研究機関から報告されています。

こういった栄養素とは異なり、脳の神経細胞の総量さえも増加させる栄養素の存在があります。
しかも、極めて安全性の高い栄養素です。


【PSブレイン】の主要栄養素であるPSは自然界の食べ物から必要量を摂取することはあまりにも微量すぎて困難です。

ですから高機能サプリメントで摂取する以外に方法はありません。



脳の機能を高める唯一の高機能サプリメント【PSブレイン】をお勧めします。

posted by psbrain at 21:03| 受験当日の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

受験当日の朝ごはん

受験本番の集中力が、勝敗を決するといわれています。

既に優秀な高機能サプリメント『PSブレイン』で、脳に必要な栄養成分を補給しています。
この栄養成分は脳の活性化に効果を発揮します。

しかし、集中力はずっと長く続くわけではありません。

緊張は疲労をもたらしますから、受験中にも必ず疲労を感じるようになります。
疲れてストレスを感じてしまうとやがて集中力は低下していきます。

ストレスから開放するビタミンとして「ビタミンC」が有効であることがわかっています。

currey02.jpg≪試験当日の朝はビーフカレーが最適≫


受験の朝は、食事の後にいちごを食べたり、水筒にローズヒップティを入れていくなど、天然のビタミンCの補給で、高い集中力を維持できるようにすることも大切なことであると考えます。

特に3大抗酸化ビタミンのひとつであるβ―カロテンは、体内でビタミンAに変わります。
ローズヒップには、βーカロテンやビタミンC・Eをはじめ、ビタミンPを豊富に、しかもバランスよく含まれています。

3つの抗酸化ビタミンが活性酸素を撃退し、血液をサラサラにして頭に血がまわらずにボーっとしてしまう状態を避けることができます。

ビタミンAは目の粘膜を丈夫にし、抵抗力や免疫力を高める作用があり、風邪を引きにくくしますし、ビタミンEにはコレステロールの増加を抑えて血管壁への付着を防ぎ、血液の流れをスムーズにする働きがあります。
血液の流れがよくなることから、冷え性や肩こりも緩和されます。

現代の若い人には低体温であることが少なくなく、手足の冷えや肩こりに悩まされている受験生は意外に多いものなのです。

 『備えあれば憂い無し』ハチミツ入りの暖かいローズヒップティなどの携帯をお勧めします。

ぜひお試しください。

posted by psbrain at 15:02| 受験当日の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

受験に勝つ

イメージ 1

いよいよ受験シーズンの幕開けです。
勝つための準備は万全でしょうか。

受験当日まで努力を続けることは、時として予想もしないような大きな力を引き寄せることがあります。

・モノを記憶する際の集中力をアップする
・記憶力を高めて勉強の効率をアップする
・できるだけ多くの情報を短時間に記憶する

普段から上記の習慣をつける努力をしてきたので、受験当日の朝に偶然開いた教科書の『歴代将軍の名前』がその日の試験にそのまま出た・・・
合格できたのはあれが大きかった・・等々。

弥生3月になると、教科は違ってもこれに類する報告をいただきます。
最後まであきらめないことが、大きな力になるのは、日々の努力が生む大きな自信に支えられているからでしょうか。

そして何よりも受験本番の集中力が、勝敗を決するといわれています。
既に優秀なサプリメントで脳の重大な部位に使用される、重要な栄養成分を補給しています。
この栄養成分は脳の活性化に効果を発揮します。

しかし、集中力はずっと長く続くわけではありません。
緊張は疲労をもたらしますから、受験中にも必ず疲労を感じるようになります。
疲れてストレスを感じてしまうとやがて集中力は低下していきます。

現在、ストレスから開放するビタミンとして「ビタミンC」が有効であることがわかっています。

ですから受験の朝は、食事の後にいちごを食べたり、水筒にローズヒップティを入れていくなど、天然のビタミンCの補給で、高い集中力を維持できるようにすることも大切なことであると考えます。

特に3大抗酸化ビタミンのひとつであるβ―カロテンは、体内でビタミンAに変わります。
ローズヒップには、βーカロテンやビタミンC・Eをはじめ、ビタミンPを豊富に、しかもバランスよく含まれています。

3つの抗酸化ビタミンが活性酸素を撃退し、血液をサラサラにして頭に血がまわらずにボーっとしてしまう状態を避けることができます。

中でもビタミンAは目の粘膜を丈夫にし、抵抗力や免疫力を高める作用があり、風邪を引きにくくしますし、ビタミンEにはコレステロールの増加を抑えて血管壁への付着を防ぎ、血液の流れをスムーズにする働きがあります。
血液の流れがよくなることから、冷え性や肩こりも緩和されます。
最近の若い人には低体温であることが少なくなく、手足の冷えや肩こりに悩まされている受験生は意外に多いものなのです。

『備えあれば憂い無し』ハチミツ入りの暖かいローズヒップティなどの携帯をお勧めします。

ぜひお試しください。


(関連ページ)

IQの良くなるお話―はじめに
http://www.pure-supplement.com/phospha/001.html

日本人のノーベル賞受賞者
http://www.pure-supplement.com/phospha/0012.html

頭が良くなる食べ物
http://www.pure-supplement.com/phospha/002.html

脳のしくみ
http://www.pure-supplement.com/phospha/003.html

IQは遺伝するか?
http://www.pure-supplement.com/phospha/004.html

頭を良くする運動
http://www.pure-supplement.com/phospha/005.html

IQが良くなる栄養素
http://www.pure-supplement.com/phospha/010.html

IQサプリメント『PSブレイン』
http://www.pure-supplement.com/phospha/10027.html

posted by psbrain at 17:16 | TrackBack(0) | 受験当日の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1