2014年10月03日

受験に合格する方法 24時間を効率化する栄養素の存在

受験に合格する方法はただひとつ。
記憶の効率化にあるといわれています。

誰でも1日は24時間しかありません。
この限られた時間の中で受験科目を履修していくわけですが、受験勉強という特殊な勉強の過程では、短期間に成績を上昇させることが最優先されます。

過去の問題を解くことも受験範囲を絞って傾向と対策を講じるための効率化のひとつであると言われています。

同じ問題が再び出題されるわけではありませんが、どの程度のレベルの問題が出るか、過去を遡って振り返ることで少し先の未来を予測、その結果、学習効率の最適化を狙っているのです。

もうひとつの効率化は、関連づけて学習を行うという方法です。

ヒトの記憶は、何の脈絡も無い事柄を記憶することが苦手であり、単体でそれだけを記憶するより歴史的背景や人物の関係、時代背景など複合的要素が多ければ多いほど記憶に有利になるようにできているからです。

そのためには、過去3年から5年に出題された問題を解いていくという行為は記憶の確定要素を拡げる働きがあり、揺るぎない学習記憶の効率化への最短距離であると言われているのです。

もうひとつの重要な要素は睡眠のコントロールにあります。

睡眠には記憶力を強化する作用があることが明らかになっています。

脳の重要な機能である記憶力は、睡眠時間と密接な相関性があるからです。

例えば、睡眠時間が極端に少ない人は、記憶を司る海馬の【CA3野】の活動域が減少傾向を示します。

これは、記憶力の停滞を意味するため、せっかく多大な時間をかけて学習しても、思うように学習効率が上がらないため、努力した割には成績が上がらないという現象が起きやすくなるのです。

海馬の【CA3野】は、昼間、起きている状態の時に、外部から様々な情報を受け取って集積しています。

つまり、ただ、ひたすら記録している状態です。

そして、昼間に集められた情報(学習の成果も含む)は、大脳皮質を保管場所として、睡眠による記憶の圧縮を経ながら再度、蓄積されていきます。

睡眠中(深い眠りであるノンレム睡眠)にあっては、昼間に起きた様々な事象をおよそ100倍の高速で早送りをしながら記憶を圧縮している部位が知られています。

それが海馬の【CA3野】という部位なのです。
【圧縮された記憶】は、今度は【記憶の保管】のために再び大脳皮質に戻っていきます。

この時『リップル』と呼ばれる脳波が働いて、この圧縮された情報は大脳皮質に保管されていくのです。


少ない時間で大きな成果を得ることは、受験などの難関が控えている方たちにとって重要なポイントのひとつです。

深い眠り(熟睡)は昼間の学習効果を確実にするために必要不可欠です。
生活習慣が脳の潜在的なパワーを最大限に引き出していくからです。

24時間という限られた時間を効率よく使って熟睡できる時間をできるだけ多く確保しながら、目指す受験に勝利したいものです。


これらの働きをスムースに、かつ効率的に行うために役に立つ栄養素は『PSブレイン』の主要成分である純度の高いホスファチジルセリンであることがわかっています。

人生を決する大一番に、高機能サプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お役立てください。
posted by psbrain at 22:29| 受験に合格する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

睡眠時間と記憶力の相関性

本格的な春がやってきました。
春眠、暁を覚えずといわれるように、眠くて仕方がない人も多くいると思います。

その理由は、季節の変わり目による気温の変化で、身体の自律神経の失調によるものが大半を占めています。
睡眠を確保することで身体は本来の健康な状態に復帰しようとしているのです。

十分な睡眠をとると、大抵の病気は治ってしまいます。
それほど重要な睡眠の働きですが、実は睡眠には記憶力を強化する作用があることも明らかになっているのです。

脳の重要な機能である記憶力は、睡眠時間と密接な相関性があるからです。
例えば、睡眠時間が極端に少ない人は、記憶を司る海馬の【CA3野】の活動域が減少傾向を示します。

これは、記憶力の停滞を意味するため、せっかく多大な時間をかけて学習しても、思うように学習効率が上がらないため、努力した割には成績が上がらないという現象が起きやすくなるのです。

海馬の【CA3野】は、昼間、起きている状態の時に、外部から様々な情報を受け取って集積しています。
つまり、ただ、ひたすら記録している状態です。

そして、昼間に集められた情報(学習の成果も含む)は、大脳皮質を保管場所として、睡眠による記憶の圧縮を経ながら再度、蓄積されていきます。
睡眠中(深い眠りであるノンレム睡眠)にあっては、昼間に起きた様々な事象をおよそ100倍の高速で早送りをしながら記憶を圧縮している部位が知られています。

それが海馬の【CA3野】という部位なのです。


【圧縮された記憶】は、今度は【記憶の保管】のために再び大脳皮質に戻っていきます。
この時『リップル』と呼ばれる脳波が働いて、この圧縮された情報は大脳皮質に保管されていくのです。

ps9.jpg


少ない時間で大きな成果を得ることは、受験などの難関が控えている方たちにとって重要なポイントのひとつです。

深い眠り(熟睡)は昼間の学習効果を確実にするために必要不可欠です。
生活習慣が脳の潜在的なパワーを最大限に引き出していくからです。

24時間という限られた時間を効率よく使って熟睡できる時間をできるだけ多く確保しながら、目指す受験に勝利したいものです。


これらの働きをスムースに、かつ効率的に行うために役に立つ栄養素は『PSブレイン』の主要成分であることがわかっています。

人生を決する大一番に、高機能サプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お役立てください。

posted by psbrain at 16:53| 受験に合格する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

受験に勝つ  脳のCPUをグレードアップ

   【受験に勝つコツ PSブレイン】


睡眠には記憶力を強化する作用があることが明らかになっています。

脳の重要な機能である記憶力は、睡眠時間と密接な相関性があるからです。

例えば、睡眠時間が極端に少ない人は、記憶を司る海馬の【CA3野】の活動域が減少傾向を示します。続きを読む
posted by psbrain at 18:24| 受験に合格する睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1