2016年04月08日

受験合格 栄誉を掴んだ人はこれを使っている



人生の難関を突破した人たちの共通点は、少ない時間を効率よく使えるという点につきます。

効率化の要点はいくつかありますが、その中でも特に大きな影響力を持っているのがPSブレインを使用するかどうかという一点です。

神経組織や血液中の赤血球に存在するアセチルコリンエステラーゼ(AChE)という酵素が、交感神経の中枢部位・神経節・副交感神経や運動神経といった中枢部位における神経伝達物質の分解といった働きを有していることを突き止めた瞬間からスタートしています。

2016年現在も最新の学説として、脳の神経細胞間における酵素による反応を、定量的に解析する反応速度論があります。

反応速度論(chemical kinetics)というのは、反応進行度の時間変化(速度)に関する物理化学を指します。

主に、物体の速度を扱う力学との類推であり、以前は、化学動力学といいました。

この学問の目的は、反応速度を解析して、その反応機構及び化学反応における物理学的本質の解明にあります。

原子や分子の微視的運動状態が、巨視的な反応速度解析に依存しないで、量子化学の理論に基づいた計算化学的な手法で評価していくのです。

いわば、化学反応を制御する基礎論理の学問と言えます。

たとえば、アセチルコリンエステラーゼ(酵素)は、アセチルコリンの加水分解における触媒作用を有しています。

脳の神経細胞であるニューロンの、細胞膜に放出された【アセチルコリン】が、次の細胞に情報を伝え、【アセチルコリンエステラーゼ】が細胞膜にとりついた【アセチルコリン】を分解して、次の情報伝達の刺激が来る準備をします。

これらは驚異的なスピードで神経細胞の情報伝達を繋いでいくのです。

ps2.jpg

脳における、情報伝達のスイッチをONにしたりOFFに切り替えたりといったスピードは、この時、光速の領域に入っていきます。
よく頭の巡りの早いひとという形容がありますが、瞬時に答えを予測していく反応の速さを頭の良さに譬えています。


PSブレインを使用すると、IQが高ければ高いほど、神経細胞の情報伝達スピードが増幅されていきますが、学習を繰り返すことによってIQの値に関係なく、反応進行度の時間変化(速度)は飛躍的に上昇していきます。

IQが普通の場合でも、著しい速度増加が確認されているのです。


合格するための根本的なサプリメントの存在。
それがPSブレインです。

IQサプリメントPSブレイン】を、ぜひ、お試しください。


posted by psbrain at 18:57| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

頭が良くなる可能性は



ヒトの頭脳は良くなるのでしょうか

良くなるとするとその方法はどのようなものでしょうか。

この問題は脳の神経細胞の再生が可能かという問題とともに常に研究されている分野です。

脳の神経細胞は再生が可能であることが、解明されたのはごく最近になってからです。
脳の神経細胞をニューロンと呼びますが、どのように定義されているのでしょうか。

『ニューロン新生とは、神経幹細胞と呼ばれるニューロンの素となる細胞がニューロンへ分化する事である』

上記の定義は、神経幹細胞に触れています。

つまり、脳の神経細胞は増えることはないと考えられていましたが、海馬と側脳室と呼ばれる部位に神経幹細胞が存在していることが明らかになり、この部位においてニューロンの新生を行うことが報告されているのです。

earth2.jpg

記憶を司ることで有名な脳の部位は海馬ですが、海馬の神経幹細胞は、学習や豊かな環境下で、その増殖頻度が増加すると報告されています。
見逃してはならない重要なポイントとして、ストレスを受けたり、加齢(歳をとること)によって神経幹細胞は減弱することも同時に報告されました。


ニューロンの存在が発見されたのは19世紀後半です。
スペインの神経解剖学者であるラモ二・カハールによりニューロンが発見されたのです。

つい最近まで、ニューロンの新生は胎生期から幼年期において生じ、成体期では生じないというのが定説になっていました。

際損の研究では成体脳においても、記憶にかかわる海馬体の歯状回部位において、個体の生涯を通じて新しくニューロンが生み出されていることが報告されており、ニューロンは決して再生しないという従来の定説は覆ったのです。

こうして成体脳におけるニューロン新生が明らかになると、今度はニューロン新生を制御する機構や新生ニューロンの機能に関する研究が精力的に行われるようになりました。
ニューロン新生の研究は記憶や学習、疾患、ストレスとの関わりなど、解決すべき課題が多く存在しているからです。

記憶形成や抗うつ作用を担うニューロン新生は、ニューロン新生に関する研究成果として記憶障害や精神疾患に対する応用が期待されている研究分野でもあります。

PSの存在に光が当たっています。
IQサプリメントPSブレイン】を、ぜひ、お試しください。
posted by psbrain at 11:27| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

合格の切り札 唯一のIQサプリメント


英科学誌 『Nature』に掲載された【ヒトの脳細胞では、遺伝子組み換えが高頻度に起きていて、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっている】という研究報告は、 英国のエディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見した貴重な研究成果でした。

                                 
その要旨を要約すると

『ヒトの細胞では、遺伝子が組み換わる仕組みを免疫関連の細胞で知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証。
2万数千個のヒトの遺伝子が、脳細胞が記憶や思考といった複雑な脳の活動を支える仕組みを解明、この成果は、英科学誌ネイチャーに31日発表。

細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。
コピーされて組み換わった遺伝子の検出方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。
その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた』
                       

(注)レトロトランスポゾンとは、移動する遺伝子のこと。
遺伝情報の伝達機能とともに、自己を改変する機能を有する。

========================================================================================以上

earth2.jpg

今回は、現在注目されている研究をご紹介いたしました。
トランスポゾンは、遺伝子の一部を切り出して別の場所に移動するカット&ペーストという働きがあるのに対して、遺伝子の一部をコピーして挿入するコピー&ペーストという働きをするのが、レトロトランスポゾンです。

レトロトランスポゾンは自らのコピーをつくって、ゲノム(全遺伝情報)のほかの場所に入り込む性質があり、遺伝子の発現を制御するスイッチ部分に入り込むと、その発現が増強されたり抑制されたりすることがわかってきました。

レトロトランスポゾン (Retrotransposon)というのは、可動遺伝因子の一種で、
真核生物組織のゲノム内に普遍的に存在する遺伝因子のことで、脳の可塑性にも繋がっています。
最新の研究は、遺伝子情報がダイナミックな方法で新しい進化に影響を与えていることを示唆しています。

DNAの情報伝達機能が、静的なイメージから動的なイメージに変ってきたのも興味深いところです。
脳の働きを活性化させる唯一の栄養素『PS』も、ダイナミックな変化が期待されている栄養素で、受験合格に使用できる唯一のサプリメントです。
IQサプリメントPSブレイン】を、ぜひ、お試しください。
posted by psbrain at 09:59| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。