2016年02月04日

受験に勝つ



2016年現在、【PS】の持つ可能性を証明する研究成果として、新しく発見された、記憶力を増大させる働きを持つ【酵素】の存在に、注目が集まっています。
酵素はenzymer エンザイム とも呼ばれていて、『生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子』と定義されています。
酵素によって触媒される反応は“酵素的”反応といいます。
酵素の構造や反応機構を研究する分野とヒトゲノムの研究が合体するなど学問領域は複雑に錯綜しながら深化を進めています。

元々、ヒトの体内には多くの酵素が存在しますが、その中の一部の【酵素】には、眠ったまま、生涯にわたって発動することのない【優れた遺伝子】を覚醒させる、遺伝子活性因子としての働きがあります。

redline.jpg

ヒトの脳の神経細胞である【シナプス】では、互いに結合しながら神経回路を形成している神経細胞【シナプス】が、神経活動の活性化による興奮で、グルタミン酸を放出することがわかっています。

興奮によって放出されたこのグルタミン酸は、脳の【興奮性神経伝達物質】そのものなのです。

その働きは、次の神経細胞に存在するタンパク質であるグルタミン酸受容体に結合することで、神経細胞の興奮を伝達していくのです。

例えば、【学習】を繰り返すことで脳の【グルタミン酸受容体】は、その数を増やしていくことがわかっていますが、この現象は、脳の記憶に大きく関わっている可能性が指摘されています。

記憶や学習の成否は、【神経伝達効率】という分子レベルの変化に変換されることによって、神経細胞であるシナプスに貯えられることで決定されていきます。

これらの働きをサポートする栄養素として注目されているのがPSです。
事実、司法試験を何回か受けて落ち続けていた人がPSブレインを使用した年に合格したという報告を複数の方からいただいております。



posted by psbrain at 11:45| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

受験合格サプリメント PSブレイン


受験合格サプリメントPSブレインの生産が追い付かない時期です。
いよいよ受験勉強も大詰めを迎えています。

大脳生理学では、『記憶の深化の過程とその所在』についての謎に挑んでいます。
記憶を司る部位として知られる海馬のCA3野は、昼間、起きている状態の時に生体が感知しうる『様々な情報』を細大漏らさず集めていることがわかっています。

そして、集められた情報(学習の成果も含む)は、大脳皮質を保管場所として蓄積されていきます。

睡眠中(深い眠りであるノンレム睡眠)には、昼間に起きた様々な事象を100倍の高速で早送りをしながら記憶を圧縮している部位があり、それが海馬のCA3野なのです。

img_108205_9391638_0.jpg

圧縮された記憶は、保管のために大脳皮質に戻っていきます。

この時、所謂『リップル』と呼ばれる脳波が働いて、この『圧縮された情報』を大脳皮質に戻して保管されていくのです。

これらの働きをスムースに、かつ効率的に行うために役に立つ栄養素はこの世の中にただ一つしかありません。
その希少な物質は『PSブレイン』の主要成分であるホスファチジルセリン(PS)なのです。


受験までの貴重な時間を効率よく使って大きな成果を得ることは、難関が控えている方たちにとって重要なポイントのひとつです。

深い眠り(熟睡)は昼間の学習効果を確実にするために必要不可欠です。
このような生活習慣が脳の潜在的なパワーを最大限に引き出していくのです。

そして、その記憶の深化の過程において、無くてはならない物質が脳の神経細胞の産生になくてはならない『PS』です。

大切な時期に大きな力を発揮する高機能サプリメント【IQサプリメントPSブレイン】を、ぜひ、お試しください。

posted by psbrain at 14:23| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

受験合格サプリメント PSブレイン



必要以上のカロリーを摂取しないことと、体力や年齢に見合った適度な運動量は、脳の機能を高度に維持することが多くの研究により明らかになっています。

最新の脳機能についての研究報告では、

『肥満すると、大脳辺縁系の一部である海馬が1年で2%近く収縮していることが明らかになった。
驚くべきことに、その収縮率はアルツハイマー病の脳の収縮率に匹敵する・・・
その原因としては、脂肪細胞から浸出する免疫系化学物質が考えられる。
肥満によって脂肪細胞が増えると、分泌される化合物の量も増え、海馬で細胞死を促進しつつ細胞誕生を抑制するという二重の影響が現れる』

以上のように報告されています。

ps2.jpg

ブドウ糖は、脳のエネルギー源として知られていますが、糖分の過剰摂取も脳の機能を低下させるという研究報告もあります。

さらに積極的に脳の機能を効率化させる栄養素についても研究が進んでいます。

2015年現在、脳の機能を活性化させる高機能栄養素は【PS】以外に存在しません。
しかも、副作用の無い安全性の優れた唯一の栄養素なのです。

脳の神経細胞(ニューロン)は、一度、死滅すると再生はできないと長い期間、信じられてきました。
ところが、失われた神経細胞も、新たに再生することが明らかになっています。

【PSブレイン】は、脳の神経細胞の新生に深く関わっている栄養素です。
神経細胞の新生が多ければ多いほど、記憶力・判断力・思考力は増大していきます。


もうすぐ、受験本番です。
この機会に、受検を勝ち抜く高機能サプリメント【PSブレイン】を、ぜひ、お試しください。
posted by psbrain at 18:37| IQサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
(関連ページ)
IQの良くなるお話―はじめに
日本人のノーベル賞受賞者
頭が良くなる食べ物
脳のしくみ
IQは遺伝するか?
頭を良くする運動
IQが良くなる栄養素
IQサプリメント『PSブレイン』
受験に!PSブレイン&GQ-1
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。